トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2019年度 > 2020年2月 > 県立杉戸農業高校と県立大宮工業高校が知事を表敬訪問します

ページ番号:172566

発表日:2020年2月5日14時

ここから本文です。

県政ニュース

県立杉戸農業高校と県立大宮工業高校が知事を表敬訪問します

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:産業教育・キャリア教育担当
担当者名:田島、髙橋

内線電話番号:6769
直通電話番号:048-830-6769
Email:a6760-21@pref.saitama.lg.jp

杉戸農業高校が、GAPの国際基準である「GLOBALG.A.P.」の認証を取得しました。また、大宮工業高校が、「ものづくり日本大賞」において「内閣総理大臣賞」を受賞しました。

両校は、農業又は工業を学ぶ専門高校で、日頃から特色ある教育活動を展開しています。今回の認証取得や受賞は、その取組が高く評価された証明になります。

この度、両校の職員と生徒が知事を表敬訪問し、実績を報告します。

1 表敬訪問について

(1)日時

令和2年2月7日(金曜日)15時40分~

(2)場所

知事応接室

(3)訪問者

杉戸農業高校及び大宮工業高校 職員・生徒(計9名)

2 両校の取組について

(1)杉戸農業高校(GLOBALG.A.P.認証取得)

GAPとは、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)のことで、GLOBALG.A.P.認証は、それを証明する国際基準です。

回の取組は、生徒の就農意欲やチャレンジ精神、国際感覚の醸成などを目的として、県教育委員会の事業に位置付けて行っています。認証取得を機に、今後は東京オリンピック・パラリンピックへの食材提供や海外での販売活動に挑戦します。

(2)大宮工業高校(ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」受賞)

ものづくり日本大賞とは、経済産業省などが平成17年から隔年開催しており、ものづくりの第一線で活躍する方々などを顕彰する国の表彰制度です。今回の受賞は、モデルロケット国際大会において、2年連続で入賞を果たしたラジオ部の成績が称えられたものです。

※モデルロケット国際大会

ロケットの打ち上げ技術や製作したロケットの説明を英語で行い、それらを総合的に審査する大会。フランスとイギリスで隔年開催されている。

県政ニュースのトップに戻る