Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2020年1月16日14時

県政ニュース

第70回記念埼玉県美術展覧会(県展)について

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:芸術文化推進担当
担当者名:佐藤・江黒

内線電話番号:6925
直通電話番号:048-830-6925
Email:a6910-02@pref.saitama.lg.jp

第70回記念埼玉県美術展覧会(通称「県展」)を下記のとおり開催します。

県展は、戦後間もない時期(昭和26年3月)から始まった歴史と伝統のある、県内最大かつ全国的にもトップクラスの規模を誇る公募美術展で、令和2年度の開催で第70回を迎えることになりました。

多くの方々からの出品をお待ちしております。

第70回記念埼玉県美術展覧会(通称「県展」)の概要

1 会期

令和2年5月26日(火曜日)~6月17日(水曜日)※月曜休館

 (開館時間 10時00分~17時30分)

2 会場

県立近代美術館(さいたま市浦和区常盤9-30-1)

3 主催

埼玉県美術展覧会運営委員会・埼玉県美術家協会

埼玉県・県教育委員会・埼玉県芸術文化祭実行委員会

4 本展覧会の主な特徴

(1)全国最大規模の公募美術展

昨年の第69回展では、出品点数3,861点、観覧者数28,726人と、全国的にみても、自治体が主催する公募美術展としてはトップクラスの規模を誇ります。

(2)幅広い年齢層の県民が活躍

昨年は、15歳から101歳までの幅広い年代からの出品がありました。また、入賞者も17歳から96歳までと広範にわたり、生涯にわたって活躍できる場ともなっています。

(3)ハイレベルな公募美術展

昨年の入選率は全体で約45.8%であり、ハイレベルな公募美術展となっています。また、招待作品として日本芸術院会員や重要無形文化財保持者(人間国宝)の作品も展示しています。

(4)第70回を記念した取組

第70回を記念して下記の取組を予定しています。

ア 子供賞

県展を鑑賞しに来た小・中学生による人気投票を行い、得票上位作品を「子供賞」として県展会期中に発表します。

イ 第70回記念賞

各部門に1つずつ「第70回記念賞」を創設します。

応募の予定について

1 出品部門

日本画(水墨画含む)、洋画(版画含む)、彫刻、工芸、書(篆刻・刻字含む)、写真の6部門(各部門に規格制限があります。)

2 応募資格

15歳以上の県内在住、在勤、在学者(中学生を除く。)

3 出品点数

各部門3点まで

4 搬入日時

5月7日(木曜日)業者搬入日(日本画・洋画・書部門のみ)

13時00分~16時30分

5月8日(金曜日)個人搬入日(全部門)

10時00分~16時30分

5月9日(土曜日)・10日(日曜日)個人・業者搬入日(全部門)

10時00分~16時30分

5 搬入方法・持参するもの

県立近代美術館へ直接搬入(事前申込不要)

(1)出品申込書

(2)出品票(作品に貼付)

(3)出品手数料(1点につき3,000円)

(4)釈文票(書部門のみ作品に貼付)

※(1)出品申込書、(2)出品票及び(4)釈文票については、開催要項に添付しています。

6 開催要項の入手方法

県文化資源課又は最寄りの市町村文化行政主管課、公民館、図書館、文化会館等で1月30日(木曜日)以降入手できます。

郵送希望の場合は、140円切手を貼った返信用封筒(角2サイズ(縦33.2cm×横24cm))を同封の上、下記担当まで御請求ください。

※開催要項1部を送付する場合の郵便料金です。2部以上の送付を御希望の際は下記担当まで事前にお問い合わせください。

※県展ホームページ(開催要項を掲載しています。)

http://www.pref.saitama.lg.jp/f2216/geibunsai/kenten.html

問い合わせ先

県教育局 市町村支援部 文化資源課 芸術文化推進担当

〒330-9301 さいたま市浦和区高砂3-15-1

電話:048-830-6925 ファックス:048-830-4965

県政ニュースのトップに戻る