トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 人権啓発イベント「ヒューマンスクウェア」を開催 12月4日~10日は「人権尊重社会をめざす県民運動強調週間」

ページ番号:141646

発表日:2018年11月29日14時

ここから本文です。

県政ニュース

人権啓発イベント「ヒューマンスクウェア」を開催 12月4日~10日は「人権尊重社会をめざす県民運動強調週間」

部局名:県民生活部
課所名:人権推進課
担当名:調整担当
担当者名:宮田・石川

内線電話番号:2258
直通電話番号:048-830-2258
Email:a2510-01@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、毎年12月4日から10日までを「人権尊重社会をめざす県民運動強調週間」と定めています。そこで、お互いの人権を尊重する意識を高めることを目的として、“人権啓発イベント「ヒューマンスクウェア」”を開催します。

イベントは、友近890(やっくん)さんによる「家族・愛・命・人生」と題した人権トーク&ミニライブ、人権パネルの展示、武蔵野美術大学の学生による人権ポスターの展示、ファミリー工作コーナーなど楽しい催しが盛りだくさんです。

入場無料・事前の申し込みも不要です。(人権トーク&ミニライブの着席は先着順)

実施概要

1 開催日

平成30年12月1日(土曜日)10時00分~20時00分

2 会場

エルミこうのす(JR鴻巣駅東口2F直通)セントラルコート

3 内容

  • 10時00分~ 人権パネルの展示、人権啓発DVD上映など
  • 10時30分~ファミリー工作コーナー(オリジナルキャンドル作り)

(当日整理券が必要です。先着200名)

  • 13時00分~人権トーク&ミニライブ

友近890(やっくん)「家族・愛・命・人生」

略歴

歌いながら書道をする日本唯一のシンガーソングライター。28歳から音楽活動を開始。書道家として美術年鑑にも登録されている。

東日本大震災の被災地ライブを経て、日本一周をしながら全国各地の福祉施設・学校などに出向いて、年間150施設以上(1万人)に歌と笑顔を届けている福祉アーティスト。

4 主催者等

【主催】

埼玉県、埼玉県教育委員会、埼玉県人権啓発活動ネットワーク協議会、人権尊重社会をめざす県民運動推進協議会

【後援】

鴻巣市

5 その他

  • トークショーには手話通訳があります。
  • 詳しくは、県人権推進課ホームページをご覧ください。

参考

人権尊重社会をめざす県民運動強調週間(12月4日から10日まで)

国連は「世界人権宣言」の採択を記念して、毎年12月10日を「人権デー」とし、世界中で人権尊重の記念行事を行うことを呼びかけています。

日本では、12月4日から人権デーまでの1週間を「人権週間」とし、全国的な啓発事業が行われています。

埼玉県は、この週間を「人権尊重社会をめざす県民運動強調週間」として啓発活動を行っています。

 

【参考:チラシ】(PDF:1,395KB)

県政ニュースのトップに戻る