ページ番号:141338

発表日:2018年11月26日14時

ここから本文です。

県政ニュース

措置入院に関する診断書の紛失について

部局名:保健医療部
課所名:疾病対策課
担当名:精神保健担当
担当者名:筑波・南波

内線電話番号:3588
直通電話番号:048-830-3565
Email:a3590@pref.saitama.lg.jp

医療機関から春日部保健所に送付された措置入院に関する診断書が紛失する事故が発生しました。

1 概要と経緯

(1)発生日時:平成30年11月13日(火曜日)

(2)紛失書類:平成30年11月2日(金曜日)付けの措置入院に関する診断書

※診察対象者の氏名、生年月日、住所、病名、生活歴及び現病歴、症状、医学的総合判断等の記載あり。

(3)概要

  • 措置入院に関する診断書が届かないことから、11月13日(火曜日)春日部保健所が措置入院の判定のための診察を行った精神保健指定医の所属する県立精神医療センターに対して、送付状況を照会した。
  • 照会の結果、県立精神医療センターは11月5日(月曜日)に春日部保健所が用意した返信用封筒で郵送(普通郵便)していた。
  • その後、両所内の捜索と日本郵便株式会社への確認を行い、現在も捜索を継続しているが、現時点で発見できていない。
  • 11月22日(木曜日)直接本人に面会し、経緯を説明するとともに謝罪をした。
  • 本日までに、紛失した個人情報について外部に流出したという情報はない。

2 再発の防止について

  • 保健所が措置入院に関する診断書を医療機関から受け取る時は、直接手交するか簡易書留等、配達の記録が残る方法で行うよう各保健所に通知した。

3 措置入院とは

  • 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第29条に基づく、都道府県知事による入院措置のこと。精神障害者であり、かつ、医療及び保護のために入院させなければその精神障害のために自身を傷つけ又は他人に害を及ぼすおそれがあると認めたときはその者を精神科病院に入院させることができるもの。

県政ニュースのトップに戻る