トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 埼玉県鉱工業指数について  平成30年9月分、平成30年7月~9月期分

ページ番号:141297

発表日:2018年11月26日14時

ここから本文です。

県政ニュース

埼玉県鉱工業指数について  平成30年9月分、平成30年7月~9月期分

部局名:総務部
課所名:統計課
担当名:動態統計担当
担当者名:川端・久保

内線電話番号:2320
直通電話番号:048-830-2320
Email:a2300-02@pref.saitama.lg.jp

平成30年9月分 鉱工業指数

生産は2か月連続の低下、出荷は3か月ぶりの低下

1 概要

 

指数

前月比(%)

前年同月比(%)

生産

95.2

-2.1

-2.9

出荷

95.2

-4.6

-3.2

在庫

110.3

0.5

-8.0

在庫率

146.4

8.9

-1.3

平成30年9月の生産指数は、生産用機械工業、電気機械工業などの低下により2か月連続の低下となった。出荷指数は、生産用機械工業、輸送機械工業などの低下により3か月ぶりの低下となった。在庫は2か月ぶりの上昇、在庫率は2か月ぶりの上昇となっている。

2 業種・品目別動向 ( 生産・出荷23業種 、在庫20業種 )

< 生産 >上昇・10業種  低下・13業種

半導体製造装置などを含む生産用機械工業、電力変換装置などを含む電気機械工業など半数を超える業種で低下した。

一方で、パチンコなどを含む業務用機械工業、炭酸飲料などを含む食料品工業などの業種で上昇した。

< 出荷 >上昇・10業種  低下・13業種

半導体製造装置などを含む生産用機械工業、乗用車などを含む輸送機械工業など半数を超える業種で低下した。

一方で、パチンコなどを含む業務用機械工業、炭酸飲料などを含む食料品工業などの業種で上昇した。

< 在庫 >上昇・10業種  低下・10業種

プラスチック製容器などを含むプラスチック製品工業、サーミスタなどを含む電子部品・デバイス工業などの業種で上昇した。

一方で、乗用車などを含む輸送機械工業、ユニット住宅などを含むその他製品工業などの業種で低下した。

平成30年7月~9月期分 鉱工業指数

生産・出荷とも2期連続の上昇

1 概要

 

指数

前期比(%)

前年同期比(%)

生産

 96.7

2.8

1.4

出荷

 97.2

1.3

1.6

在庫

110.3

-2.6

-8.0

在庫率

141.8

0.3

-2.6

平成30年7月~9月期の生産指数、出荷指数ともに、業務用機械工業、化学工業などの上昇により2期連続の上昇となった。在庫は2期連続の低下、在庫率は2期ぶりの上昇となっている。

2 業種・品目別動向 ( 生産・出荷23業種 、在庫20業種 )

< 生産 >上昇・10業種  低下・13業種

パチンコなどを含む業務用機械工業、化粧品などを含む化学工業などの業種で上昇した。

一方で、半導体製造装置などを含む生産用機械工業、開閉制御装置などを含む電気機械工業などの業種で低下した。

< 出荷 >上昇・7業種  低下・16業種

パチンコなどを含む業務用機械工業、化粧品などを含む化学工業などの業種で上昇した。

一方で、半導体製造装置などを含む生産用機械工業、電力変換装置などを含む電気機械工業などの業種で低下した。

< 在庫 >上昇・11業種  低下・9業種

乗用車などを含む輸送機械工業、アルミエクステリアなどを含む金属製品工業などの業種で低下した。

一方で、銅電線などを含む非鉄金属工業、プラスチック製容器などを含むプラスチック製品工業などの業種で上昇した。

 

この統計に関するホームページアドレス

県政ニュースのトップに戻る