ページ番号:141226

発表日:2018年11月22日13時

ここから本文です。

県政ニュース

ヒヨドリ等35羽の死亡事例がありました

部局名:環境部
課所名:みどり自然課
担当名:野生生物担当
担当者名:鈴木・梅野

内線電話番号:3153
直通電話番号:048-830-3143
Email:a3140-09@pref.saitama.lg.jp

平成30年11月20日、春日部市豊野町地内で野鳥が複数羽死亡しているとの通報があり、同地内で30羽のヒヨドリ、キジバト1羽の死骸が確認されました。その後、同21日までにヒヨドリ33羽、キジバト2羽の合計35羽の死骸が確認されました。

原因特定のため、埼玉県で鳥インフルエンザ簡易検査を実施したところ、結果は陰性でした。

また、薬物検査も実施しましたが、農薬等の化学物質は検出されませんでした。

これまでのところ死亡原因は不明ですが、近隣でヒヨドリなどの死亡した野鳥を発見しても、素手で触らないようお願いします。

1 発生概要

(1)発生年月日:平成30年11月20日(火曜日)

※16時20分頃、野鳥の複数羽死亡について近隣会社員から春日部市役所を通じて県に通報。

(2)発生場所:春日部市豊野町地内

2 検査概要

(1)検査材料

  • ヒヨドリ、キジバト:35羽のうち10羽を抽出

(2)検査結果

  • 鳥インフルエンザ簡易検査:陰性
  • 農薬等化学物質検査

有機リン系簡易検査:非検出

精密検査:非検出

3 今後の対応

(1) 春日部市に情報提供し、周辺住民に対し、野鳥の死骸を発見しても素手で触れないよう周知します。

(2) 県及び春日部市で周辺のパトロールを実施します。

(3) 国立研究開発法人国立環境研究所に死亡原因調査を依頼します。原因が判明した場合、速やかに公表します。

 

※同一場所で複数の野鳥が死亡していた場合は、最寄りの県環境管理事務所又は市町村へ御連絡ください。

<問合せ先>

  • 野鳥に関すること

環境部みどり自然課  野生生物担当

電話  048-830-3143

  • 化学物質検査に関すること

環境部環境科学国際センター  化学物質・環境放射能担当

電話  0480-73-8372

県政ニュースのトップに戻る