トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 開場70周年記念  浦和競馬こども基金を創設します

ページ番号:141221

発表日:2018年11月22日14時

ここから本文です。

県政ニュース

開場70周年記念  浦和競馬こども基金を創設します

課所名:埼玉県浦和競馬組合
担当名:総務課
担当者名:益城・増田

直通電話番号:048-881-1792
Email:mail@urawa-keiba.or.jp

埼玉県浦和競馬組合(管理者 上田清司埼玉県知事)では、開場70周年を記念し、新たな地域貢献の取組として、社会福祉法人埼玉県社会福祉協議会への寄附金を通じ「浦和競馬こども基金」を創設します。

経済的な事情などによる様々な困難を抱えながら頑張る子どもたちに生きる力を育む事業を支援します。

※開場日(埼玉県営第1回浦和競馬開催) 昭和23年9月23日

寄附から支援までの流れ

 

1 概要

埼玉県浦和競馬組合からの寄附金(1千万円)を原資として(福)埼玉県社会福祉協議会が基金を設置し、経済的事情など様々な困難を抱えながら頑張る子どもたちへの支援活動に補助金を交付する。

2 支援対象

概ね20歳未満の経済的に支援が必要な子どもたちなどを対象にNPO団体などが実施する活動 。

【支援例】子ども食堂、配食、部活動で使用する道具の購入、スポーツ大会や文化祭等の開催、就職時の資格取得や物品の購入、体験型旅行の実施

3 助成基準

1団体当たり、概ね10万円程度を助成。

4 スケジュール(予定)

スケジュール 

 

その他にも、競馬の収益金は様々な形で社会のために役立っています

コバトン

埼玉県及びさいたま市への配分金

(平成29年度総額390,000千円:埼玉県300,000千円、さいたま市90,000千円)

構成団体である埼玉県とさいたま市へ収益を配分し、平成29年度分は、県の乳幼児医療費助成やさいたま市立の小学校の施設改修に活用されています。

地方公共団体金融機構への公営競技納付金(平成29年度 48,498千円)

収益に応じた一定額を地方公共団体金融機構へ交付し、地方公共団体の公共事業等のための資金貸し付けや地方債利子の軽減のために活用され、全国の地方財政へ寄与しています。

地方競馬全国協会への交付金(平成29年度 566,892千円)

売上に応じた一定額を地方競馬全国協会へ交付し、全国の馬の改良増殖その他畜産の振興に活用されています。

浦和競馬チャレンジ奨学金(平成29年度 11,300千円)

(公財)埼玉県国際交流協会への寄附金を通じて、海外留学やインターンシップ等の活動を行う学生等に奨学金を交付し、埼玉から世界へ羽ばたく人材の育成を支援しています。

県政ニュースのトップに戻る