トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 過積載・高速道路での交通死亡事故の防止を呼びかけます  関越道高坂サービスエリアにおける関係機関・団体との合同啓発活動

ページ番号:141225

発表日:2018年11月22日14時

ここから本文です。

県政ニュース

過積載・高速道路での交通死亡事故の防止を呼びかけます  関越道高坂サービスエリアにおける関係機関・団体との合同啓発活動

部局名:県民生活部
課所名:防犯・交通安全課
担当名:安全教育・指導担当
担当者名:石藤

内線電話番号:2951
直通電話番号:048-830-2960
Email:a2950-03@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、交通死亡事故の発生に歯止めをかけるため、知事が11月1日から12月14日までの間、「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令し、関係機関、団体と連携した交通事故防止活動に取り組んでいます。

県外で過積載車両による交通死亡事故が発生している事例もあり、県トラック協会、県ダンプカー協会の協力により、貨物自動車の運転手に対し、貨物自動車が多数滞在する関越自動車道高坂サービスエリアで、過積載運転の防止を呼びかけます。

また、本年、県内の高速道路での交通死亡事故で10人の方が亡くなっており、前年の同時期(11月21日現在)に比べ4人増加していることから、高速道路での交通死亡事故発生を防ぐため、同サービスエリア利用者に広く事故防止を呼びかけます。

1 実施日時・場所

⑴11月26日(月曜日)午前11時から午後0時までの間

⑵関越自動車道高坂サービスエリア(上下線で実施)

2 参加者

⑴関係機関

県、県警察、高速道路交通警察隊、東日本高速道路株式会社

⑵関係団体

県トラック協会、県ダンプカー協会

3 実施内容

⑴関係団体とともに、過積載防止のチラシをサービスエリアに駐車中の貨物自動車運転手に配布し、過積載の危険性を訴え、事故防止を呼びかける。

⑵サービスエリア利用客に対し、県内の交通事故発生状況を説明しながら、高速道路における交通事故防止を呼びかける。

4 その他

⑴高速隊パトカー、東日本高速道路株式会社の道路パトロールカーを展示予定

⑵配布物の配布状況等により終了時間を切り上げる場合があります。

県政ニュースのトップに戻る