トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 平成30年度「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」の 開催結果について

ページ番号:141027

発表日:2018年11月19日14時

ここから本文です。

県政ニュース

平成30年度「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」の 開催結果について

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:障害福祉・団体担当
担当者名:大高・福原

内線電話番号:3296
直通電話番号:048-830-3294
Email:a3310-01@pref.saitama.lg.jp

埼玉県及び埼玉県教育委員会では、障害に対する県民の理解を深め、共生の心を育む地域づくりを推進するため、平成30年度「みんな幸せ・共生社会 県民のつどい」を開催しました。

この事業は「障害者週間」記念事業、手話普及リレーキャンペーン事業及び第40回「埼玉障害・難病児童生徒文化の集い」事業に位置づけて行ったものです。

当日は、「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」入賞者表彰式のほか、手話講座(手話普及リレーキャンペーン)、文化活動のステージ発表、障害者施設等による物品販売も行われ、多くの人で賑わいました。

開催結果の概要は、下記のとおりです。

1 日時

平成30年11月18日(日曜日)10時15分~15時40分

2 会場

行田市教育文化センターみらい

行田市佐間3-24-7

3 式典・ステージ発表概要

(1)開会  10時15分

(2)手話講座  10時20分~10時50分

(行田市聴覚障害者の会)

(3)オープニングコンサート  10時55分~11時10分

(行田特別支援学校 高等部・進修館高等学校)

(4)記念式典・表彰式  11時15分~12時15分

  • 「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間記念ポスター」入賞者表彰式
  • 「心の輪を広げる体験作文」最優秀賞  受賞者朗読

(5)ステージ(文化活動)発表  13時15分~15時30分

※進行:秩父特別支援学校 高等部

1)秩父農工科学高等学校  秩父屋台囃子

2)本庄特別支援学校  合唱「Ⅼet’s Go Tomorrow」、「ふるさと」

3)深谷はばたき特別支援学校  合唱「ビリーブ」、「RPG」

4)行田市立忍中学校  「竹うつ音」の踊り

5)熊谷特別支援学校  支援籍学習の取組についての発表

6)行田市立埼玉小学校  合唱「世界がひとつになるまで」、 「すてきな一歩」

7)熊谷女子高等学校  ダンス  Cake、Anaconda、GDFR、Minefields、Bad Romance、Thriller

8)行田市立中央小学校  吹奏楽「吹奏楽のための小狂詩曲」、「学園天国」、「RPG」

(6)閉会(全員合唱)  15時30分~15時40分 

4 物品販売  10時15分~15時40分

(1)障害者施設等が手作りした製品等を販売

5 絵画展・作品展  10時15分~15時40分

(1)障害者絵画展

(2)特別支援学校・特別支援学級作品展

6 特別支援教育支援機器展  10時15分~14時15分

(1)国立特別支援教育総合研究所の研究員による教材・支援機器等の紹介

(2)特別支援教育教材・支援機器等に実際に触れる体験会

7 主催

埼玉県、埼玉県教育委員会、行田市、行田市教育委員会、

特定非営利活動法人埼玉県障害者協議会、埼玉県特別支援教育推進協議会

8 来場者数

約1,500名

9 来場者の感想

  • 手話講座がわかりやすく、楽しかった。
  • 作文の朗読を聞いて、心が温かくなった。
  • 絵画や作品は作者の思いが素直に表現されていて、素晴らしかった。
  • ステージ発表している生徒の皆さんがいきいきとしていて元気をもらうことができた。
  • 初めて参加したが、このような企画が日本中で行われることが大切と感じた。どうしたらそれができるか考え、行動してみたい。

県政ニュースのトップに戻る