トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 「第12回塙保己一賞」受賞者決定!!  12月15日(土曜日)表彰式・記念コンサート

ページ番号:140876

発表日:2018年11月15日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「第12回塙保己一賞」受賞者決定!!  12月15日(土曜日)表彰式・記念コンサート

部局名:福祉部
課所名:障害者福祉推進課
担当名:社会参加推進・芸術文化担当
担当者名:相子・中井

直通電話番号:048-830-3309
Email:a3310-06@pref.saitama.lg.jp

障害がありながらも不屈の努力を続け社会的に顕著な活躍をされている方又は障害者のために様々な貢献をしている方を表彰する「塙保己一賞」の第12回受賞者を決定しました。

今回初めて、聴覚障害者の方が大賞を受賞されます。

表彰式は、平成30年12月15日(土曜日)に塙保己一の生家に近い本庄市児玉文化会館セルディで行います。

また、表彰式後は、昨年度塙保己一賞奨励賞を受賞した筝・三絃演奏家の澤村祐司(さわむら・ゆうじ)氏による記念コンサートを行います。

皆様の御来場を心よりお待ちしております。

1 第12回(30年度)受賞者について(年齢は平成30年4月1日現在)

大賞  髙田 英一(たかだ・えいいち)氏(81歳)

聴覚障害。現在、世界ろう連盟名誉理事、一般財団法人全日本ろうあ連盟参与、社会福祉法人全国手話研修センター日本手話研究所所長、社会福祉法人京都聴覚言語障害者福祉協会理事長、認定特定非営利活動法人障害者放送通信機構理事長などを務める。

  • 8歳の時に失聴。ろう学校高等部から当時としては初めて大学に進学。(立命館大学)卒業後、聴覚障害者では初めて地方公務員試験に合格し、京都市役所に入職。
  • 昭和39年に財団法人全日本聾唖ろうあ 連盟(現:一般財団法人全日本ろうあ連盟)議長に就任以来、14期42年に渡り要職を歴任し、平成18年からは参与に就任。
  • 平成3年7月、アジアで初めての「第11回世界ろう者会議」日本開催に尽力し、会議後、アジアから初めて世界ろう連盟(WFD)理事に選出される。
  • JICAの委託による「ろう者指導者研修事業」の実施やアジア地域の貧しい聴覚障害児の教育援助を目的とした「アジアろう者友好基金」設立にも尽力。
  • 平成9年厚生大臣表彰(更正援護功労者)他、平成10年トーマス・マイナー・ギャローテッド賞受賞、平成12年糸賀一雄記念賞受賞、平成21年旭日小綬章受賞など、顕著な賞を数多く受賞している。

奨励賞  大胡田 誠(おおごだ・まこと)氏(40歳)

視覚障害。現在、弁護士として活躍。

  • 12歳で失明。慶応大学法学部、同法科大学院に進学し、平成18年に全盲では日本で3人目の司法試験に合格。
  • 一方で、社会活動にも力を入れ、平成26年から平成30年まで社会福祉法人日本盲人会連合の青年協議会会長、公益財団法人東京都盲人福祉協会青年部部会長を歴任。
  • 本人著書「全盲の僕が弁護士になった理由」は、2014年テレビドラマ化された。 

貢献賞  公益財団法人日本盲導犬協会

視覚障害者の自立と社会参加を推進するために、盲導犬の育成・訓練、視覚障害者リハビリテーション事業などを展開している。

  • 昭和42年に日本で初めて厚生省(当時)の認可を受け、設立された盲導犬育成団体。全国に4カ所の訓練センターを有し、昨年度創立50周年を迎えた。
  • 身体障害者補助犬法や障害者差別解消法の啓発から、企業や医療機関向けの盲導犬受け入れセミナーも行っている。
  • 全国の小中学校を訪問し、子どもたちへ盲導犬や視覚障害への理解をはかる「盲導犬小中学校キャラバン」を開催している。(平成29年度実績331回)
  • 平成30年第52回吉川英治文化賞受賞。

 

(参考)塙保己一賞の概要

※いずれの賞も、視覚障害者に限らず全ての障害のある方を対象にしております。

  • 大賞(対象者:障害者本人)

日本国内に在住し活動する方で、障害がありながらも塙保己一のように不屈の精神力により社会的に顕著な活躍をしてきた方。

  • 奨励賞(対象者:障害者本人)

日本国内に在住し活動する方で、障害がありながらも努力を重ねており、今後さらに社会的な活躍が期待される45歳未満(平成30年4月1日現在)の方。

  • 貢献賞(対象者:障害者の支援者、貢献者 ※障害の有無は問いません)

日本国内に在住し活動する次のような個人又は団体。

ア  社会的に顕著な活躍をされている障害者の活動の支援等を行ってきた方

イ  障害者の自立・社会参加の拡大につながる顕著な発明や機器開発等を行った方

2 表彰式・記念コンサートについて

日時

平成30年12月15日(土曜日)13時00分~15時30分

会場

本庄市児玉文化会館セルディ

所在地  埼玉県本庄市児玉町金屋728-2

電話  0495-72-8851

内容

  • 表彰式(13時00分~14時00分)

知事から受賞者3名に対する表彰状及び記念品の授与

  • 記念コンサート(14時20分~15時30分)

筝・三絃演奏家 澤村祐司氏による記念コンサート

入場料

無料。どなたでもお越しいただけます。(事前申込み不要)

定員

400人(先着順)

その他

  • 聴覚障害者のための手話通訳、要約筆記があります。
  • 会場までの交通

表彰式当日は、下記の駅から、電車の発着に合わせて臨時無料送迎バスを運行します。

復路のバスの一部は、塙保己一記念館(入場無料)を経由しますので、同記念館にお立ち寄りいただけます。

(バスの運行時刻)

  • JR高崎線本庄駅南口  11時30分発、12時10分発、12時30分発
  • JR上越新幹線本庄早稲田駅北口  11時55分発
  • JR八高線児玉駅  12時15分発、12時45分発

※車いすの方は、12時10分本庄駅南口発を御利用ください。

[参考:埼玉県ホームページ]

県政ニュースのトップに戻る