トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 大学生が調節池の遊歩道・階段護岸をデザイン提案  川の国埼玉はつらつプロジェクト綾瀬川(さいたま市美園地区)

ページ番号:140776

発表日:2018年11月13日14時

ここから本文です。

県政ニュース

大学生が調節池の遊歩道・階段護岸をデザイン提案  川の国埼玉はつらつプロジェクト綾瀬川(さいたま市美園地区)

部局名:県土整備部
課所名:水辺再生課
担当名:水辺事業担当
担当者名:有留、安藤

直通電話番号:048-830-5116
Email:a5110-01@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、「川の国埼玉」の実現を目指し、平成28年度から市町村のまちづくりと連携して川を再生する「川の国埼玉はつらつプロジェクト」を展開しています。

プロジェクトの1つである綾瀬川(さいたま市)では、さいたま市が協議会を設置し、大門上池調節池の底面を利用した多目的広場や綾瀬川の堤防を利用した歩行空間の整備について検討を進めています。

埼玉スタジアム2○○2に隣接した大門上池調節池では、多目的に利活用することで新たなにぎわいと地域に親しまれる良好な景観を創出することを目的とし、地元埼玉大学で景観工学を学ぶ大学生の協力を得て、利活用に必要な遊歩道や階段護岸のデザイン検討を行っています。このたび、大学生がポスターセッションによるデザイン案の中間発表を行います。

日時

平成30年11月20日(火曜日)14時40分~16時10分

場所

埼玉大学  総合研究棟1階ロビー(埼玉県さいたま市桜区下大久保255)

(北浦和駅からバスで15分、南与野駅からバスで10分、志木駅からバスで25分)

出席予定者

みその都市デザイン協議会関係者、川の国埼玉はつらつプロジェクト実施市町職員及び県職員など

内容

  • 大学生がグループワーク等を通じて検討してきた大門上池調節池の利活用に必要な遊歩道や階段護岸のデザイン提案の中間発表
  • デザイン提案(中間報告)に対する意見交換

県政ニュースのトップに戻る