トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 平成30年度「命と生活(くらし)を守る新国土づくり研究会」(12県知事会)の懇談概要について

ページ番号:140526

発表日:2018年11月7日11時

ここから本文です。

県政ニュース

平成30年度「命と生活(くらし)を守る新国土づくり研究会」(12県知事会)の懇談概要について

部局名:県土整備部
課所名:河川砂防課
担当名:計画調査担当
担当者名:鈴木、岡田

内線電話番号:5161
直通電話番号:048-830-5162
Email:a5120-08@pref.saitama.lg.jp

標記の研究会が開催され、別紙のような意見交換(PDF:2,277KB)が行われました。

また研究会からの提言書(PDF:1,331KB)を会長である三反園鹿児島県知事から、大塚国土交通副大臣に手交しました。

本研究会は、洪水、土砂災害等から人命・財産を守り、安全で安心して暮らせる国土をつくること等を目的として、平成6年9月に発足しました。現在、全国12県の知事により構成し、今までに21回の会議を開催してまいりました。

本年度は下記により、第22回目の研究会を開催しました。

【12県の構成】

岩手県、宮城県、埼玉県、富山県、福井県、岐阜県、兵庫県、島根県、広島県、徳島県、長崎県、鹿児島県

 

1 日時

平成30年11月6日(火曜日)13時00分~14時00分

2 場所

都市センターホテル 3階「コスモスホールⅠ」

東京都千代田区平河町2-4-1

Tel  03(3265)8211(代表)

3 主な発言内容

(会長・三反園鹿児島県知事)

災害を未然に防ぐため、今後とも当県はハード・ソフト両面の対策を推進していくこととしているので、国には必要な予算の確保と支援を引き続きお願いする。

(大塚国土交通副大臣))

「水防災意識社会」の実現に向けた取組をさらに加速させるとともに、現在進めている重要インフラの緊急点検の結果を踏まえ、総力を挙げて、防災・減災対策に取り組む。

(工藤国土交通大臣政務官)

情報が住民の方に伝わらず避難が遅れることがないよう、しっかり準備を整えていただき、尊い人命を守っていただきたい。

4 出席者

<関係県知事等>

三反園鹿児島県知事(会長)、山崎富山県副知事、田邉広島県副知事、海野徳島県副知事、平田長崎県副知事

<国土交通省>

大塚国土交通副大臣、工藤国土交通大臣政務官、塚原水管理・国土保全局長ほか

5 懇談テーマ

防災意識社会の早期実現

頻発化・激甚化する大規模自然災害から県民を守るために

各県問い合わせ先

岩手県河川課 019-629-5901  宮城県河川課 022-211-3173

埼玉県河川砂防課 048-830-5162  富山県河川課 076-444-3325

福井県河川課 0776-20-0480  岐阜県河川課 058-272-8603

兵庫県河川整備課 078-362-3527  島根県河川課 0852-22-6747

広島県河川課 082-513-3929  徳島県河川整備課 088-621-2570

長崎県河川課 095-894-3083  鹿児島県河川課 099-286-3586(本年度幹事県)

 

県政ニュースのトップに戻る