トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 「現代の名工」に本県関係者6名が決定  平成30年度卓越した技能者の表彰

ページ番号:140479

発表日:2018年11月11日14時

ここから本文です。

県政ニュース

「現代の名工」に本県関係者6名が決定  平成30年度卓越した技能者の表彰

部局名:産業労働部
課所名:産業人材育成課
担当名:技能振興担当
担当者名:松尾、平澤

内線電話番号:4602
直通電話番号:048-830-4602
Email:a4590-02@pref.saitama.lg.jp

卓越した技能者の表彰」は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を厚生労働大臣が毎年1回、概ね150名を表彰するものです。受賞者は、一般に「現代の名工」と呼ばれています。

表彰概要

  • 昭和42年度から51年続く歴史ある表彰制度
  • 技能者の水準向上とものづくりの魅力発信等が目的
  • 平成30年度の本県関係受賞者6名が決定(全国では150名)
  • 平成29年度までに本県関係者157名が受賞(全国では6、196名)
  • 受賞者には卓越技能章(盾及び徽章)、褒賞金(10万円)を授与

埼玉県知事推薦による受賞者

1 塚田 孝司(つかだ たかじ)氏  70歳

(1)職種名  表具師

(2)居住地  さいたま市岩槻区

(3)就業場所  山下表具店(さいたま市岩槻区)

(4)技能功績の概要

、額装、掛け軸、屏風などあらゆる表具の製作に優れた技能を有し、特に土台となる骨組の鉋(かんな)掛けと下張紙・上張紙の糊付けに卓越している。骨組と下張紙の接着面を均一に滑らかにする鉋掛けと、材質や作業工程の違いに応じた糊付けにより、美しさと耐久性を備えた製品を生み出している。また、ものづくりマイスターの活動や技能競技大会出場選手への指導、イベント等での体験教室の開催など、技能伝承や後進技能者育成にも積極的に貢献している。

2 布川 活治(ふかわ かつじ)氏  76歳

(1)職種名  かわらふき工

(2)居住地  さいたま市岩槻区

(3)就業場所  有限会社布川瓦工業所(さいたま市岩槻区)

(4)技能功績の概要

かわらふきの中でも難易度の高い本葺(ほんぶ)き瓦の施工に長年従事し、瓦の重厚感や荘厳さ、曲線美を最大限に表現する技能に卓越している。特に、様々な屋根の形状や瓦ごとに最適な方法で施工する技能に優れ、歴史ある寺社から一般住宅まで数多くの建造物を手掛け、本葺き瓦の持つ魅力の発信・普及に貢献している。また、当人が立ち上げた技能士会の活動や技能検定受検者向け講習会の開催を通じて後進技能者の育成にも積極的に貢献している。

3 宮地 正己(みやじ まさみ)氏  70歳

(1)職種名  手込造型工(てごめぞうけいこう)

(2)居住地  川口市

(3)就業場所  有限会社河村鋳造所(川口市)

(4)技能功績の概要

鋳造方案の策定から注湯(ちゅうとう)までの全工程を担うことができる技能を有し、特に大型バルブ等の各部分の肉厚差を0.5mm以下に抑えるなど、手作業で厚さをほぼ均一にする技能に卓越している。また、製品に合った鋳物の温度や材質を設定するなど、品質の維持・向上にも優れた技能を発揮している。さらに、技能を伝承するための指導にも幅広く取り組み、社内講習やものつくり大学の講師を務めるなど、後進技能者の育成に積極的に貢献している。

4 宮前 守(みやまえ まもる)氏  58歳

(1)職種名  建築大工

(2)居住地  比企郡川島町

(3)就業場所  宮前工務店株式会社(比企郡川島町)

(4)技能功績の概要

風建築に長年従事し、木造建築の伝統的技法である継手(つぎて)・仕口(しぐち)を巧みに活用する技能に優れ、特にその高度な応用を必要とする唐傘天井の施工に卓越した技能を有している。施工部位ごとに最適な方法で軸組みがなされた木造のドーム型建築は鉄骨造と同等の強度を実現している。また、大学の非常勤講師や認定職業訓練校の指導員、技能検定試験の事前講習会の講師を務めるなど、業界内の後進技能者の育成・指導にも積極的に貢献している。

5 吉田 武(よしだ たけし)氏  75歳

(1)職種名  七宝工

(2)居住地  川口市

(3)就業場所  有限会社創作七宝逸(いつ)(川口市)

(4)技能功績の概要

宝製品の意匠・図案の作成から研磨・仕上げなどすべての工程に長年従事し、特に文様が崩れないよう細部にまで繊細に焼き付ける技能に卓越し、絶妙な加減で焼き付け方を均等に調整する優れた技能を有している。また、油絵にも精通していることから絵画的手法を七宝焼に応用し、色彩が際立つ美しい製品を作り出している。さらに、ビニール材を使用した特殊な抜き型を考案し、良質な製品を量産する方法を確立した。

公益社団法人全日本洋裁技能協会会長推薦による受賞者

1 秋間 知子(あきま ともこ)氏  81歳

(1)職種名  婦人・子供服注文仕立職

(2)居住地  越谷市

(3)就業場所  創イングパルあきま(越谷市)

(4)技能功績の概要

婦人服製作に長年従事し、服地の柄を立体的に見せる技能や、体型に合った洋服を短期間で美しく作り上げる技能に卓越している。また、特殊な染料で布地に直接絵柄を描く技法を開発するなど、オリジナリティ溢れる作品を作り出している。さらに、自ら洋裁教室の主宰や業界団体の代表を務め、技能グランプリや全国規模のコンクールの上位入賞者を輩出するなど、実技指導者として後進の育成にも幅広く活躍している。

※年齢は、平成30年11月12日現在

表彰式

1 日時

平成30年11月12日(月曜日)14時00分~15時10分

2 場所

リーガロイヤルホテル東京

東京都新宿区戸塚町1-104-19(電話 03-5285-1121)

県政ニュースのトップに戻る