トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 平成30年度埼玉県新型インフルエンザ等対策訓練  感染症指定医療機関と連携して実施します

ページ番号:140483

発表日:2018年11月6日14時

ここから本文です。

県政ニュース

平成30年度埼玉県新型インフルエンザ等対策訓練  感染症指定医療機関と連携して実施します

部局名:保健医療部
課所名:保健医療政策課
担当名:感染症・新型インフルエンザ対策担当
担当者名:霜田・渡邊

内線電話番号:3589
直通電話番号:048-830-3557
Email:a3510-17@pref.saitama.lg.jp

県内で患者が発生したことを想定して、保健所が患者を感染症指定医療機関である県立循環器・呼吸器病センターに搬送し、受入対応する訓練を実施します。

訓練の概要

1 日時

平成30年11月9日(金曜日)13時00分~16時30分

2 場所

埼玉県立循環器・呼吸器病センター  熊谷市板井1696 

 

県立循環器・呼吸器病センター(感染症指定医療機関)

平成29年3月19日に新病棟がオープンし、新型インフルエンザや中東呼吸器症候群(MERS)などの患者受け入れが可能な感染症病床について、県内最大級である21床を新設しました。また、感染症患者を受け入れるための専用外来(感染症外来)を稼働しています。

 

参考

1 新型インフルエンザ

毎年発生する季節性インフルエンザとは異なる新型のインフルエンザウイルスによる感染症。

多くの人が免疫を獲得していないため、大きく流行する可能性があります。

2 感染症指定医療機関

感染症の医療を提供する能力を備えている医療機関で、感染症の発生後速やかに感染症患者に適切な医療を提供することにより、早期治療を図り、感染症のまん延を防止します。

県政ニュースのトップに戻る