トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年11月 > 環境科学国際センター県民の日特別企画「遊んで 学んで 環境博士になろう!」を開催します

ページ番号:140487

発表日:2018年11月6日14時

ここから本文です。

県政ニュース

環境科学国際センター県民の日特別企画「遊んで 学んで 環境博士になろう!」を開催します

部局名:環境部
課所名:環境科学国際センター
担当名:総務・学習・情報担当
担当者名:宇賀・牧

直通電話番号:0480-73-8363
Email:g7383313@pref.saitama.lg.jp

環境科学国際センターでは、11月14日(水曜日)県民の日に特別企画を開催します。

普段は非公開の研究所内部を、特別に自由に見学でき、研究員が解説や実演を行います。

また、オカリナの調べにのせて研究員が最新の研究についてお話する「環境トーク&ミュージック」など、様々なイベントも行います。

県民の日は、環境科学国際センターで遊んで 学んで 環境博士になろう!

1 開催日時

平成30年11月14日(水曜日)9時30分から16時30分

2 場所

埼玉県環境科学国際センター

(加須市上種足914)

交通:JR高崎線鴻巣駅からバス15分、東武伊勢崎線加須駅からバス15分。

無料駐車場110台完備

3 主なイベント

  • 研究所大公開

音が響かず吸収されてしまう不思議な部屋に入ったり、マイナス196℃の不思議な液体(液体窒素)を体感できたりします。

  • サイエンスショー  モクモク

ドライアイスから出る白い煙の正体は?ドライアイスを色々なものに入れてモクモクの正体を探ります。驚きの結果に大人も子供もびっくりです!

  • サイエンスショー  空気って力持ち!?

目には見えない空気。空気の膨張・収縮などの特性を生かしたサイエンスショーです。

  • 環境トーク&ミュージック

普段の生活の中で野生動物を目にする機会は少ないですが、最近では野生動物と人との関係が変わりつつあります。野生動物の暮らしや私たちの生活とのかかわりについてオカリナの調べとともに研究員がお話しします。

  • 自然塩を作ろう

海洋深層水を煮詰めて塩作りを体験しながら、塩や水の大切さなどを学びます。

  • 見てみよう 感じてみよう 秋の生態園

秋の生態園は実りの季節。ドングリやノイバラの実などの植物を観察しながら自然の大切さを学びます。集めた葉っぱや木の実で簡単な工作もできます。

 

このほかにも、無料上映会などイベントが盛りだくさんです。

4 その他

当日は、展示館入館料も含め、すべてのイベントが無料です。

一部イベントは、参加に整理券が必要です。(当日配布)

上記イベントの開始時間・詳しい内容は、ホームページをご確認ください。

 

【参考資料:チラシ(PDF:600KB)

県政ニュースのトップに戻る