Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 知事がインドネシアとベトナムを訪問しました。現地政府との協力関係の強化、人材の育成・確保に向けた環境づくりを通じて県内企業の支援を推進

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月30日14時

県政ニュース

知事がインドネシアとベトナムを訪問しました。現地政府との協力関係の強化、人材の育成・確保に向けた環境づくりを通じて県内企業の支援を推進

部局名:産業労働部
課所名:企業立地課
担当名:国際経済担当
担当者名:松田、安部

内線電話番号:3778
直通電話番号:048-830-3766
Email:a3900-05@pref.saitama.lg.jp

事は、成長著しいアセアン市場に進出する県内企業支援を目的に、10月23日(火曜日)から10月27日(土曜日)の日程で、インドネシア共和国の首都ジャカルタとベトナム社会主義共和国の首都ハノイを訪問しました。

訪問の主なポイント

  • インドネシアのアイルランガ・ハルタルト工業大臣と会談し、インドネシアのビジネス環境改善に関する意見交換を行った。
  • ベトナム労働・傷病兵・社会問題省とベトナム人技能者・技術者が県内企業で活躍できるよう情報交換やセミナーの実施等について覚書を締結した。
  • ベトナムのグエン・スアン・フック首相と会談し、ベトナムと埼玉県との経済面や人材面での交流を更に深め、両国が共に発展できる仕組づくりを進めることで合意した。

1 期間

平成30年10月23日(火曜日)から10月27日(土曜日)まで5日間

2 主な内容

(1)りそなプルダニア銀行による現地情勢説明

(日時)10月23日(火曜日)19時00分~21時00分

(場所)プルマン・ジャカルタ・インドネシア

(概要)

  • りそなプルダニア銀行平松一郎代表取締役社長と懇談。インドネシアのビジネス環境と課題についての説明を受け、意見交換を行った。

(2)アセアン日本政府代表部大使との会談

(日時)10月24日(水曜日)9時30分~10時00分

(場所)アセアン日本政府代表部

(概要)

  • アセアン日本代表部須永和男大使と会談。成長著しく、重要な貿易・投資のパートナーであるアセアン地域の現状について意見交換を行った。

(3)インドネシア工業大臣との会談

(日時)10月24日(水曜日)11時00分~11時30分

(場所)インドネシア工業省

(概要)

  • アイルランガ・ハルタルト工業大臣と会談。県内企業とインドネシア企業の提携の重要性を双方で再認識するとともに、意見交換を行った。
  • 大臣は、「今後とも必要な情報やサポートがあればいつでも問い合わせてほしい。」と述べた。

(4)在インドネシア日本国大使との懇談

(日時)10月24日(水曜日)12時30分~14時30分

(場所)市内レストラン

(概要)

  • 石井正文在インドネシア日本国大使と懇談。インドネシアの現状と将来性、課題について説明を受けるとともに、意見交換を行った。

(5)インドネシア労働大臣との会談

(日時)10月24日(水曜日)16時00分~16時30分

(場所)インドネシア労働大臣邸

(概要)

  • ハニフ・ダキリ労働大臣と会談。インドネシアにおける今後の人材育成について意見交換を行った。
  • 大臣から「県内企業が経済の発展や雇用の創出に貢献していることに感謝したい。今後、賃金や労働条件などの改善を進めていきたい」との発言があった。

(6)埼玉県インドネシアネットワーク交流会

(日時)10月24日(水曜日)

第1部  ビジネスミーティング15時30分~17時30分

第2部  交流会17時30分~19時30分

(場所)プルマン・ジャカルタ・インドネシア

(概要)

第1部  ビジネスミーティング

  • インドネシア投資調整庁アンディ・マウラナ副長官から現地に進出する県内企業に対して現在の投資に関する法制度等について紹介があった。
  • 県内企業からは投資に関する法改正に関する質問や法制度の適用の徹底などの要望があった。

第2部  交流会

  • 知事は、インドネシアで事業展開している県内企業等を対象とした交流会を開催した。
  • ヌルル・イチワン地域振興推進ディレクター、宮下匡之在インドネシア日本大使館経済公使、県内企業関係者及びインドネシア商工会議所職員等59人が参加し、現地ネットワークの強化が図られた。

(7)ベトナムサポートデスクによる現地情勢説明

(日時)10月25日(木曜日)20時15分~21時00分

(場所)ホテル・ニッコー・ハノイ

(概要)

  • 埼玉県ベトナムサポートデスクからベトナムのビジネス環境と課題についての説明を受け、意見交換を行った。

(8)貿易大学、ベトナム日本人材協力センター訪問

(日時)10月26日(金曜日)8時30分~10時00分

(場所)貿易大学、ベトナム日本人材協力センター

(概要)

  • 貿易大学学長との会談では学生の人材交流の重要性について意見交換を行った。
  • 知事は、日本式経営等を学ぶベトナム日本人材協力センターの学約120名に対してベトナムと埼玉の経済交流の状況、埼玉の優位性をPRする講演を行った。

(9)ベトナム労働・傷病兵・社会問題省副大臣訪問

(日時)10月26日(金曜日)10時30分~11時30分

(場所)労働・傷病兵・社会問題省

(概要)

  • ドアン・マウ・ディエップ副大臣と会談。「技能・技術者の活用における連携に関する覚書」を締結し、今後、ベトナム人技能者・技術者が県内企業で活躍できるよう情報交換やセミナー等を開催することで合意した。

(10)駐ベトナム日本国大使及び前在日本国ベトナム大使との懇談

(日時)10月26日(金曜日)12時00分~13時30分

(場所)在ベトナム日本国大使公邸

(概要)

  • 梅田邦夫駐ベトナム日本国大使からベトナムの政治や経済等の現況について説明を受けるとともに、意見交換を行った。
  • グエン・クオック・クオン前駐日本国ベトナム大使に日本滞在中の県内企業への支援についてお礼を述べるとともに、引き続きの支援を要請した。

(11)ベトナム計画投資省副大臣との会談

(日時)10月26日(金曜日)14時00分~14時30分

(場所)計画投資省

(概要)

  • ブー・ダイ・タン副大臣から、計画投資省の外国投資庁内に県が設置する「埼玉デスク」が企業からの相談への対応等の活動を通じて、企業から高く評価されている旨発言があった。
  • 今後、両者で人材交流の取組を進めていくことで合意した。

(12)ハノイ市人民委員会委員長との会談

(日時)10月26日(金曜日)15時30分~16時00分

(場所)ハノイ市人民委員会

(概要)

  • グエン・ドゥック・チュン委員長は、これまでの県とハノイ市との交流の取組に謝意を示した。また、廃棄物の処理など環境分野での技術交流を拡大したい意向を示した。
  • 知事が、市内に進出する県内企業への継続した支援を要請したことに対し、チュン委員長から「埼玉県の企業を力強くサポートしていきたい」との発言があった。

(13)ベトナム政府との定期協議会

(日時)10月26日(金曜日)15時30分~17時00分

(場所)ホテル・ニッコー・ハノイ

(概要)

  • 税制度や法律改正について、ベトナム政府側から説明があった。
  • 県内企業から寄せられた操業上の課題について、政府側から回答があり、意見交換を行った。

(14)ベトナム首相との会談

(日時)10月26日(金曜日)17時00分~17時15分

(場所)首相府

(概要)

  • グエン・スアン・フック首相から「知事には日本とベトナムの友好発展に尽力していただき深く感謝する」との発言があった。
  • 知事は、ベトナムと埼玉県との経済面や人材面での交流を更に深め、両国が共に発展できる仕組づくりを進めたい旨を発言、フック首相も同意した。

(15)埼玉県ベトナムネットワーク交流会

(日時)10月26日(金曜日)17時30分~19時30分

(場所)ホテル・ニッコー・ハノイ

(概要)

  • 知事は、ベトナムで事業展開している県内企業等を対象とした交流会を開催した。
  • ブー・ダイ・タン計画投資省副大臣、梅田邦夫在ベトナム日本国特命全権大使、県内企業関係者及びベトナム政府関係者等81人が参加し、現地ネットワークの強化が図られた。

3 日程

期日

 

都市名

 

行事内容

 

10月23日(火曜日)

羽田発

ジャカルタ

  • りそなプルダニア銀行による現地情勢説明

10月24日(水曜日)

ジャカルタ

  • 須永アセアン日本政府代表部大使との会談
  • アイルランガ工業大臣との会談
  • 石井在インドネシア日本国大使との懇談
  • ハニフ労働大臣との会談
  • 埼玉県インドネシアネットワーク交流会開催

10月25日(木曜日)

ジャカルタ発

ハノイ

  • ベトナムサポートデスクによる現地情勢説明

10月26日(金曜日)

ハノイ

  • 貿易大学訪問、ベトナム日本人材協力センター学生への知事によるプレゼンテーション
  • 労働・傷病兵・社会問題省と覚書の締結
  • 梅田駐ベトナム日本国大使、クオン前駐日本国ベトナム大使との懇談
  • タン計画投資省副大臣との会談
  • チュン ハノイ市人民員会委員長との会談
  • ベトナム政府との定期協議会
  • フック首相との会談
  • 埼玉県ベトナムネットワーク交流会開催

10月27日(土曜日)

ハノイ発

羽田着

帰国

 

県政ニュースのトップに戻る