Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 11月は埼玉県地産地消月間です!  県産農産物を「知って、買って、食べて」いただく取組を県内各地で行います

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月29日14時

県政ニュース

11月は埼玉県地産地消月間です!  県産農産物を「知って、買って、食べて」いただく取組を県内各地で行います

部局名:農林部
課所名:農業ビジネス支援課
担当名:販売対策担当
担当者名:樋口

内線電話番号:4106
直通電話番号:048-830-4106
Email:a4105-02@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、新米や野菜が多く出回る11月を「埼玉県地産地消月間」と定め、県産農産物のPRを集中的に行います。

この時期、県内各地で旬の農産物が皆さんをお待ちしています。埼玉産の新鮮な農産物を食べていただき、「近いがうまい埼玉産」を実感してください。

主な取組

 1 飲食店による地産地消メニューの提供

県内外の飲食店において、旬の県産農産物が味わえる地産地消メニューを提供します。

  • 浦和ロイヤルパインズホテル

ホテル内レストラン・ラウンジ8店舗で彩の国黒豚、卵、埼玉ヨーロッパ野菜等を使用した料理が楽しめます。(11月1日~30日)

  • ホテルブリランテ武蔵野

ホテル内のレストランにて、県内農業関係高校の生徒が育てた野菜を使用したディナーを提供します。メインディッシュで秩父地域のジビエ(鹿肉)も選択可能です。(11月1日~30日)

  • (株)ぎょうざの満洲

県産のこまつな、ねぎを使用したメニューを県内や都内の店舗で提供します。(11月1日~30日)

  • (株)ひびき

スマートフォンでクイズに答えて埼玉のおいしい食材が当たる「ひびきグループ地産地消フェア」を県内や都内の28店舗で実施します。(11月6日~11月30日)

2 埼玉ブランド農産物フェアの開催

県産ブランド農産物の魅力を生かし、140店舗の飲食店が工夫を凝らしたメニューを提供します。

(1)開催期間

平成30年11月1日(木曜日)から11月30日(金曜日)まで

(2)参加店舗

埼玉県内140店舗

(3)フェア特設サイト

グルメサイト「ぐるなび」内

 (リンク切れのためURLを削除しました。)

3 『埼玉県地産地消ブランド農産物を味わう集い』の開催

県内で活躍する選りすぐりのシェフ達による埼玉県のブランド農産物を使用した多彩な料理をビュッフェ形式の立食スタイルで提供します。

(1)日時:平成30年11月26日(月曜日)18時00分~20時00分(受付開始17時30分~)

(2)場所:パレスホテル大宮  4F「ローズルーム」

(3)料金:10,000円(料理、ドリンク、税金・サービス料込)

(4)問い合わせ・予約先:048-647-3300  パレスホテル大宮

(5)埼玉県地産地消ブランド農産物を味わう集いHP

  (リンク切れのためURLを削除しました。)

4 百貨店・量販店による埼玉県フェアの実施

県産農産物や加工品の販売を行います。

  • そごう大宮店「おいしいヘルシー・地元とれたて野菜フェア」(11月1日~30日)
  • 高島屋大宮店:埼玉産「近いがうまい」フェア(10月31日~11月6日)
  • ヤオコー(県内84店舗):「地元野菜まつり」(11月3日~5日)
  • 西友(県内15店舗):「埼玉県産野菜フェア」(11月1日~30日)
  • イオン:「埼玉県フェア(レイクタウン)」(11月8日~11日)、「深谷農協トラックセール(与野店)」(11月17日、18日)
  • 生活協同組合コープみらい各店:「埼玉のうまいもの」(11月14日~17日)
  • イトーヨーカドー(県内19店舗):「埼玉県民の日フェア」(11月14日~18日)
  • 与野フードセンター(県内16店舗):「埼玉物産フェア」(11月10日~16日)
  • マミーマート(県内3店舗):「埼玉県農産物フェア」(11月10日~11日) 

5 農産物直売所によるイベント開催

農産物直売所において、新米をはじめ、地元で採れた旬の農産物販売のほか、農産物品評会や収穫体験など多くのイベントが開催されます。

 

その他

県内各地の飲食店、小売店等で埼玉県産農産物を使用したメニュー、商品等の提供やプレゼントの実施が行われます。実施内容は「埼玉県地産地消月間HP」をご覧ください。

  • 埼玉県地産地消月間HP

 

参考

埼玉県地産地消月間

地域で生産されたものを地域で消費する「地産地消」をより浸透させ、関係者が積極的に地産地消に取り組む機会とするため、平成19年度に制定しました。期間は、米や野菜が収穫され、県産農産物が多く出揃う11月としています。

 

問い合わせ先

農林部  農業ビジネス支援課  販売対策担当  樋口

ダイヤルイン  048-830-4106

県政ニュースのトップに戻る