Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 平成30年度  共助社会づくりの担い手フォーラム「つながりからはじまる物語を紡ごう~暮らしの中から共助を考える~」を開催します。

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月18日14時

県政ニュース

平成30年度  共助社会づくりの担い手フォーラム「つながりからはじまる物語を紡ごう~暮らしの中から共助を考える~」を開催します。

部局名:県民生活部
課所名:共助社会づくり課
担当名:担い手支援担当
担当者名:桑原・池田

直通電話番号:048-830-2828
Email:a2835-03@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、さいたま市との共催により、地域課題に取り組むNPOや専門家ボランティア、企業等の活動の更なる充実のために共に学び合い、交流する場として、「共助社会づくりの担い手フォーラム」を開催します。多くの皆様のお越しをお待ちしております。

共助社会づくりの担い手フォーラムの概要

1 日時

平成30年11月20日(火曜日)13時30分~16時35分(13時受付開始)

2 会場

浦和コミュニティセンター第15集会室他(コムナーレ9階)

さいたま市浦和区東高砂町11番1号(浦和駅東口徒歩1分)

3 内容

(1)基調講演

演題「共助社会づくりに必要なネットワークをデザインする~コミュニティデザインの実践から~」

講師  特定非営利活動法人  横浜コミュニティデザイン・ラボ  代表理事  杉浦 裕樹  氏

(2)専門家ボランティアおよびマッチングの説明

(3)分科会

(1)分科会1  ライフ&ワークの拠点づくり

  • ファシリテーター  埼玉県共助仕掛人  藤井 美登利
  • 事例発表者  シェアキッズスペースあそびラボ  代表  片寄 貴之  氏
  • 事例発表者  つなぐば家守舎株式会社  取締役  松村 美乃里  氏
  • 事例発表者  コワーキングスペース7F  運営代表  星野 邦敏  氏

(2)分科会2  新しい防災コミュニティを考える

  • ファシリテーター兼事例発表  東洋大学ライフデザイン学部  准教授  八木 裕子  氏
  • 事例発表者 特定非営利活動法人  川口市民防災ボランティアネットワーク  代表理事  髙杉 雄一  氏
  • 事例発表者  和光ボウサイ部  つかもと たく  氏

(4)報告会

4 参加費

無料

5 定員

100名程度(要事前申込、先着順)

6 申込先、申込方法

以下の方法によりお申し込みください。

(1)ホームページでの申込み

下記のホームページにて詳細確認の上、お申し込みください。

ホームページ「埼玉共助スタイル」

http://kyojo.saitamaken-npo.net/event/30ninaiteforum.html

(2)メール・ファクシミリでの申込み

必要事項を記入の上、下記宛先にお申し込みください。

必要事項:御名前、所属等、連絡先(電話番号・メールアドレス)、参加を希望する分科会

(第2希望まで御記入ください)、参加者名簿(配布用)への御名前・所属等の掲載の可否。

メールアドレス a2835-03@pref.saitama.lg.jp  ファックス 048-830-4751

7 その他

会場にてフードドライブと古本募金を実施します。食品・古本寄附に御協力ください。

詳細は下記ホームページより御確認ください。

http://kyojo.saitamaken-npo.net/event/30ninaiteforum.html#kifu 

 

【参考資料:チラシ(PDF:1,183KB)

8 事務局

埼玉県県民生活部共助社会づくり課  担い手支援担当

電話 048-830-2828   ファックス 048-830-4751

メールアドレス a2835-03@pref.saitama.lg.jp

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。