Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 医療従事者のための性暴力被害者支援セミナーを開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月16日14時

県政ニュース

医療従事者のための性暴力被害者支援セミナーを開催します

部局名:県民生活部
課所名:防犯・交通安全課
担当名:防犯・犯罪被害者支援担当
担当者名:川村

内線電話番号:2944
直通電話番号:048-830-2945
Email:a2950-08@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、平成25年9月に県警察、(公社)埼玉犯罪被害者援助センター及び県産婦人科医会の四者と「性暴力・性犯罪被害者への支援における連携・協力に関する協定」を締結し、同協定により運営する「性暴力等犯罪被害専用相談電話アイリスホットライン」を中心とした性犯罪被害者支援を行っています。

性犯罪被害者に対しては総合的な支援が必要ですが、被害後間がない被害者へ最優先すべき事項は医療機関でのケアであり、その際の対応や情報提供が、その後の被害者の負担の軽減や回復に大きくつながることとなります。

そこで、医師、助産師、看護師等の医療従事者のほか、医学生、看護学生及び県内の小中学校の養護教諭を対象に、性犯罪被害者支援に関する情報を提供し、支援の重要性に関する理解を深めることを目的に、「性暴力・性犯罪被害者への支援における連携・協力に関する協定」締結5周年記念行事として、本セミナーを開催することとしました。

セミナーの概要

1 日時

平成30年10月21日(日曜日)14時00分~16時00分(開場13時30分)

2 場所

埼玉県県民健康センター 1階大会議室AB

3 主な内容

(1)第一部

ア  性暴力等被害者支援に向けた取組について

(県、(公社)埼玉犯罪被害者援助センター)

イ  性犯罪事件捜査における証拠採取について

(警察本部 刑事部捜査第一課)

ウ  性犯罪事件捜査と裁判について

(さいたま地方検察庁検察官)

(2)第二部

講演「日本におけるSANEの役割」

【講師】三隅順子氏

  • 特定非営利活動法人

女性の安全と健康のための支援教育センター運営委員

  • SARC東京運営委員
  • 東京医科歯科大学講師(大学院保健衛生学研究科) 

SANEとは…

SANE(セイン)(Sexual Assault Nurse Examiner:性暴力被害者支援看護職)は1976年に米国テネシー州メンフィスで始まり、以降米国各地及びカナダに広まった専門職です。「女性の安全と健康のための支援教育センター」では、日本でのSANE普及を目指し、看護師、助産師、保健師等を対象としたプログラムを実施しています。

4 主催

埼玉県、埼玉県警察、(公社)埼玉犯罪被害者援助センター、埼玉県産婦人科医会

5 後援

(一社)埼玉県医師会、(一社)埼玉県助産師会、(公社)埼玉県看護協会

6 その他

申込不要(定員200名・当日来場者先着順)

 

【参考資料:チラシ(PDF:987KB)

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。