Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年10月 > 「第22回臓器移植推進街頭キャンペーン」の開催

ここから本文です。

 

発表日:2018年10月1日14時

県政ニュース

「第22回臓器移植推進街頭キャンペーン」の開催

部局名:保健医療部
課所名:疾病対策課
担当名:総務・疾病対策担当
担当者名:小泉

内線電話番号:3598
直通電話番号:048-830-3598
Email:a3590-05@pref.saitama.lg.jp

毎年10月は「臓器移植推進月間」です。臓器移植に関する一層の定着・推進を図るため、広く県民に対して臓器移植の現状を周知するとともに、移植医療に対する理解と協力を得るため、普及啓発リーフレット等を配布します。

臓器移植推進月間」を契機に、臓器移植について考え、臓器提供の意思表示をお願いします。臓器提供の意思表示は臓器提供意思表示カードのほか、運転免許証、保険証、マイナンバーカードなどの裏面に記載できます。多くの皆様の御協力をお願いします。 

1 実施日

平成30年10月7日(日曜日)

 2 場所

JR大宮駅西口コンコース他

3 主催

特定非営利活動法人埼玉県腎臓病患者友の会

4 共催                            

(公財)埼玉県腎・アイバンク協会、(公社)埼玉県臨床工学技士会

5 後援

埼玉県、さいたま市、(一社)埼玉県医師会、(公社)埼玉県看護協会、特定非営利活動法人埼玉県障害者協議会

【参考】

実施場所

実施時間

参加者

JR大宮駅西口

14時~15時

主催・共催団体

医療関係者、疾病対策課職員

コバトン、さいたまっち

JR南越谷駅

13時~15時

主催団体

JR川越駅

13時~15時

主催団体

東武東上線志木駅

13時~15時

主催団体

※配布物がなくなり次第終了となります。

【日本の臓器移植の現状】

  • 移植希望登録者数  13、491人(2018年8月31日現在)
  • 脳死下で提供された方  46人(2018年1月~8月)
  • 心停止後に提供された方  18人(2018年1月~8月)
  • インターネットによる臓器提供意思登録者数  142、602人(2018年8月31日現在)

【海外との比較】

日本では特別な治療法と思われがちな臓器移植ですが、海外(アメリカやヨーロッパ)では普通に行われています。

アメリカでは、年間約8、000人もの方が臓器を提供され、毎年20、000件を超える臓器移植が行われています。それに対し日本では、移植希望者が約13、000人もいる中で、臓器移植は1997年から2017年までの21年間で4、884件、1年間で移植を受けられるのは約200人です。

本では臓器の提供が少なく、臓器移植を待ちながら亡くなる患者さんが多くいます。広く臓器移植の現状を周知し、移植医療に対する理解と協力を得ることが重要です。

 国別の臓器移植数(2009年) 

1001-0401

(日本臓器移植ネットワークホームページより)

県政ニュースのトップに戻る