ページ番号:138234

発表日:2018年9月30日22時

ここから本文です。

県政ニュース

台風24号による被害状況について(第1報)

部局名:危機管理防災部
課所名:消防防災課
担当者名:関根

内線電話番号:8181
直通電話番号:048-830-8181
Email:a3165-55@pref.saitama.lg.jp

平成30年9月30日 21時現在 

概況

<生命に関する情報>

  • 避難指示(緊急)  なし
  • 避難勧告  なし
  • 避難準備・高齢者等避難開始  毛呂山町、狭山市・避難所の開設状況  53か所(朝霞市、新座市、八潮市、川越市、毛呂山町、川島町、吉見町、ときがわ町、狭山市、熊谷市、秩父市、小鹿野町)
  • 避難者数  66人(新座市、八潮市、毛呂山町、吉見町、ときがわ町、狭山市、熊谷市、秩父市、小鹿野町)

<生活に関する情報>

  • 電力  停電等なし
  • 通信・ガス  特になし
  • 鉄道  JR東日本  20時から全線運転取りやめ

西武鉄道  22時から全線順次運転取りやめ

秩父鉄道  10月1日、一部の列車で運休予定あり

  • 道路  高速道路  交通規制なし

国・県管理道路  2路線2区間  通行止め

<被害の概要>

  • 人的被害  軽傷1人(所沢市1人)
  • 住家被害  なし

<県の対応>

9月30日  16時30分から情報連絡室を設置し、被害情報の収集等を開始。

  17時15分に情報収集体制を施行し、災害即応室に移行。

1 生命に関する情報

(1)避難情報の発令状況

(2)避難所の開設状況

(3)避難者数

2 生活に関する情報

(1)ライフライン(30日21時00分現在)

電気

  • 停電等なし

ガス

  • 都市ガス  供給停止なし
  • LPガス  被害なし

通信

  • 固定電話  障害なし
  • 携帯電話  障害なし

水道

  • 上水道  断水なし
  • 下水道  断水なし

(2)鉄道

JR東日本

  • 在来線全線  運転とりやめ(30日20時00分~)

西武鉄道

  • 全線  順次運転とりやめ(30日22時00分~)

秩父鉄道

  • 一部運休( 10月1日)

(3)道路

東日本高速道路  交通規制なし

首都高速道路  交通規制なし

県管理道路

  • 事前通行規制(通行止)2件

矢納浄法寺線(神川町上阿久原)

薄小森線(小鹿野町両神小森地内)

市管理道路  交通規制なし

3 被害の概要

(1)人的被害

軽傷1人(所沢市1人)

(2)住家被害

なし

(3)河川・土砂関係

<一級河川>

  • 被害情報なし

<砂防指定地>

  • 被害情報なし

(4)農林業関係

なし

(5)その他

なし

4 気象情報、雨量等

(1)県内の注意報等の状況

9月30日  16時30分  南中部、南東部、南西部、北東部、北西部  暴風警報発表

9月30日  20時26分  南部  竜巻注意情報発表

9月30日  20時46分  北部  竜巻注意情報発表

9月30日  20時56分  南中部  大雨警報、洪水注意報発表

南東部  大雨警報発表

南西部  大雨警報発表

秩父地方  大雨警報、洪水注意報発表

9月30日  21時00分  秩父地方  竜巻注意情報発表

(2)土砂災害警戒情報

発表なし 

(3)記録的短時間大雨情報

発表なし 

(4)洪水予報等

  • 指定河川洪水予報

なし

  • 水位情報通知

なし

  • 放流情報

9月30日  18時00分  二瀬ダムより放流

(5)県内の降雨量・風速

(ア) 降雨量

気象庁アメダス調べ(29日  8時00分~30日  21時00分)

寄居  35.0mm

三峰  55.5mm

飯能  72.0mm

熊谷  45.5mm

秩父  39.0mm

さいたま  32.5mm

上吉田  30.0mm

浦山  49.5mm

越谷  33.0mm

鴻巣  37.5mm

ときがわ  47.0mm

所沢  49.5mm

久喜  27.5mm

鳩山  58.0mm

(イ)  風速

気象庁アメダス調べ(30日  20時での本日の最大値)

寄居  2.1 m/s  南東

鳩山  2.4 m/s  北北西

熊谷  3.3 m/s  東

さいたま  3.7 m/s  北西

久喜  3.4 m/s  東

越谷  2.7 m/s  北

秩父  2.5 m/s  西南西

所沢  4.3 m/s  北北東

5 県の対応

9月30日  16時30分から情報連絡室を設置し、被害情報の収集等を開始。

17時15分に情報収集体制を施行し、災害即応室に移行。

 

県政ニュースのトップに戻る