トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > こども食堂フォーラム~広げよう!こどもの居場所~開催 こども食堂などこどもの居場所づくりに取り組む団体が集結!

ページ番号:137655

発表日:2018年9月25日14時

ここから本文です。

県政ニュース

こども食堂フォーラム~広げよう!こどもの居場所~開催 こども食堂などこどもの居場所づくりに取り組む団体が集結!

部局名:福祉部
課所名:少子政策課
担当名:子育て環境整備担当
担当者名:夏目・石川

内線電話番号:3322
直通電話番号:048-830-3322
Email:a3320-01@pref.saitama.lg.jp

様々な家庭環境や共働きなどにより、満足に食事がとれなかったり、ひとりで食事をするこどもをサポートする「こども食堂」の活動が広がっています。

そこで、こども食堂をはじめ、学習支援教室、プレーパークなど、こどもの居場所づくりに取り組む団体や、そのような活動を支援する企業・個人がつながるきっかけになるよう、こども食堂フォーラムを開催します。

また、NPO、企業、専門家ボランティアが新たに出会う場をつくる「共助コン」も同時開催!

場無料、入退場自由。多くの方のお越しをお待ちしています。

1催日時

平成30年11月26日(月曜日)12時30分~17時00分

2

大宮ソニックシティ地下1階第1展示場

3

(1)団体・企業によるブース出展

内各地のこども食堂、学習支援教室、プレーパークなどの活動を紹介するほか、これらの団体を支援する企業がブースを出展し取組を紹介します。

これからこども食堂を始めたい人、ボランティアをしてみたい人などの相談にも応じます。

(2)ミニ講演会

1)13時00分~13時40分こどもの居場所をつくろう!

講師:栗林知絵子氏(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)

2)13時50分~14時30分地域ネットワークづくりの実践(パネルディスカッション)

パネリスト:栗林知絵子氏(NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)、松見幸太郎氏(NPO法人キッズドア事務局長)、白鳥勲氏(一社彩の国

子ども・若者支援ネットワーク代表理事)、野口和幸氏(NPO法人地域こども包括支援センター理事長)

3)14時40分~15時20分今知りたい!クラウドファンディングの仕組みと活用術

講師:遠藤寛之氏(株式会社CAMPFIRE FAAVO/CAMPFIREローカル事業部キュレーター)

4)15時30分~16時30分事例発表(事前予約なし・当日先着順)

様々な「こどもの居場所」を実践する団体による事例発表

こども食堂、学習支援教室、プレーパークなど6団体程度を予定

※(1)~(3)については事前申込の方を優先します。

参加申込書をFAXまたは必要事項を記載した電子メールを送信してください。

電子メールkodomo-syokudo@cerespo.co.jp

FAX048-825-3274

詳しくはWEB(https://kodomoouen-net-saitama.themedia.jp)参照

(3)寄付受付・取組展示

会場内でフードドライブを開催します。

ご家庭に眠っている食品はありませんか?ぜひ会場にお持ちください。

※賞味期限が明記され、3か月以上あるもの。常温で保存可能なもの/生鮮食品でないもの。未開封であるもの/破損で中身がでていないもの。

4場料

無料

5い合せ先

フォーラムに関すること

福祉部少子政策課子育て環境整備担当話048-830-3322

「共助コン」に関すること

県民生活部共助社会づくり課担い手支援担当電話048-830-2828

県政ニュースのトップに戻る