トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > JICAボランティアに埼玉親善大使を委嘱します  埼玉と世界を信頼の絆でつなぎます

ページ番号:137277

発表日:2018年9月14日14時

ここから本文です。

県政ニュース

JICAボランティアに埼玉親善大使を委嘱します  埼玉と世界を信頼の絆でつなぎます

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:総務・グローバル人材育成担当
担当者名:竹澤・津久井・橘

内線電話番号:2711
直通電話番号:048-830-2711
Email:a2705-01@pref.saitama.lg.jp

課所名:独立行政法人国際協力機構
担当名:JICA東京センター 埼玉デスク
担当者名:土屋

直通電話番号:048-833-2992

9月末から17か国の途上国に派遣される、本県出身のJICAボランティア21名が、飯島副知事を表敬訪問し「埼玉親善大使」の委嘱を受けます。

難民キャンプでの手工芸技術指導や、農作物の生産性を向上させるための活動等、自分の持つ技術を途上国発展のために役立てたいという高い志を持って出発します。

埼玉親善大使は、現地において埼玉県のPRを行うほか、県ホームページに掲載する埼玉親善大使レポートを通して現地の様子を県民の皆様にお伝えします。

表敬訪問及び埼玉親善大使委嘱式の概要

1 日時

平成30年9月20日(木曜日)14時15分~15時00分

2 場所

知事公館1階大会議室

3 出席者

青年海外協力隊・シニア海外ボランティア21名(別紙(PDF:282KB)のとおり)

4 内容(予定)

(1)挨拶

  • 埼玉県副知事  飯島 寛
  • JICA東京センター 市民参加協力第一課 課長 杉村 悟郎 氏

(2)JICAボランティア自己紹介

(3)埼玉親善大使委嘱状授与

(4)記念撮影


参考情報

JICAボランティアについて

1 概要

日本政府のODA(政府開発援助)の一環として、独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する事業です。開発途上国や中南米の日系人社会からの要請に基づき、それに見合った技術や知識・経験を持ち、現地の人々のために活かしたいと望む日本の青年やシニアを派遣します。

JICAボランティアは、現地の人々とともに働き、生活しながら相互理解を図り、彼らの自助努力を促進するよう活動します。貧困、医療、教育問題等、その国が抱える問題に取り組み、経済や社会の発展に貢献することを目指した草の根のボランティアです。

2 協力分野等

区分

青年海外協力隊

日系社会青年

ボランティア

シニア海外

ボランティア

日系社会シニアボランティア

対象

20~39歳

40~69歳

受入国

アジア、アフリカ、中南米、大洋州、中東の約70カ国

中南米の約9カ国

アジア、アフリカ、中南米、大洋州、中東の

約60カ国

中南米の約9カ国

派遣期間

1~2年間

2年間

1~2年間

2年間

協力分野

計画・行政、公共・共益事業、農林水産、鉱工業、エネルギー、商業・観光、人的資源、保健・医療、社会福祉の9分野

 

3 現在の派遣状況(平成30年6月末現在)
  • 全国の派遣隊員数  2,222人(累計派遣人数  52,185人)
  • 埼玉県出身の派遣隊員数  106人(累計派遣人数  2,324人)

埼玉親善大使

1 目的

埼玉県と世界の国々との懸け橋になっていただける方に「埼玉親善大使」を委嘱しています。相手国に対して本県のPRを図るとともに、埼玉県の国際化の推進を図ります。

2 委嘱実績(平成30年8月末現在)

  • 主な委嘱対象

姉妹友好州省奨学生、「埼玉発世界行き」奨学生、JICAボランティア等

  • 延べ委嘱者数  4,833名(平成5年4月~)

3 埼玉親善大使レポートのページ

問合せ先

1 表敬訪問及び埼玉親善大使委嘱式について

埼玉県県民生活部国際課総務・グローバル人材育成担当  竹澤・津久井・橘

電話:048-830-2711

2 JICAボランティア制度について

JICA埼玉デスク  国際協力推進員  土屋

電話:048-833-2992

携帯:090-4024-0253

県政ニュースのトップに戻る