トップページ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年9月 > 高田屋製菓株式会社からフードバンク埼玉に菓子を寄贈していただきました。

ページ番号:136713

発表日:2018年9月4日14時

ここから本文です。

県政ニュース

高田屋製菓株式会社からフードバンク埼玉に菓子を寄贈していただきました。

部局名:環境部
課所名:資源循環推進課
担当名:循環型社会推進担当
担当者名:能勢・山本

内線電話番号:3108
直通電話番号:048-830-3108
Email:a3100-02@pref.saitama.lg.jp

埼玉県は、食品ロス削減のため、食品供給の面からフードバンク活動を支援しています。この度、高田屋製菓株式会社(蓮田市)からフードバンク埼玉に菓子を寄贈していただきました。

県では、今後も企業等にフードバンクへの食品提供を働きかけていきます。

1 寄贈いただいた食品

豆菓子  6kg入り71箱

2 寄贈日

受贈者:特定非営利活動法人フードバンク埼玉

日時:平成30年9月3日(月曜日)

場所:高田屋製菓株式会社(蓮田市)

3 寄贈を受けるフードバンクについて

  • 特定非営利活動法人フードバンク埼玉(さいたま市)  連絡先:048-832-0115

(一社)埼玉県労働者福祉協議会が事務局となり、平成23年からフードバンク活動を開始しました。平成29年にNPO法人化しています。

4 フードバンクとは

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品(食品ロス)を引き取り、食べ物に困っている個人や福祉施設等に無償で提供する活動を行っています。

企業や個人からフードバンクへの食品提供が定着することにより、食品の有効活用と食品ロスの削減が期待できます。

5 食品ロスとは

まだ食べられるのに廃棄されてしまう食品のことで、日本での発生量は平成27年度推計で646万トンにもなります。これは、世界全体の年間食糧援助量(320万トン)の約2倍に相当し、日本国民が一人一日当たりお茶碗1杯分(約139g)の食品を1年間毎日捨て続ける計算となります。

県では、食品ロス削減のため、食品関連事業者とフードバンクとのマッチングを行ったり、企業に災害備蓄食品の提供を働きかけたりしています。

 

【参考資料:9月3日寄贈日の様子(PDF:314KB)

県政ニュースのトップに戻る