Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > 埼玉県医師育成奨学金 貸与候補者募集 埼玉県の医療に貢献したいと考える本県出身医学生を応援します

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月29日14時

県政ニュース

埼玉県医師育成奨学金 貸与候補者募集 埼玉県の医療に貢献したいと考える本県出身医学生を応援します

部局名:保健医療部
課所名:医療人材課
担当名:医師確保対策担当
担当者名:河野・柏本

内線電話番号:3546
直通電話番号:048-601-4600
Email:a3560-02@pref.saitama.lg.jp

埼玉県では、医師確保対策の一環として、将来医師として本県の医療に携わる意思のある、県内出身の県外大学医学生を対象に奨学金を貸与しています。

この奨学金制度は、県内の高校から県外の大学医学部に毎年200人前後の学生が進学していることから、医学部卒業後に医師として本県の医療に貢献する志を持った医学生を支援することを目的として設けているものです。

成24年度の制度開始から現在までに100人を超える医学生に対して貸与を行っています。

今年度は、平成31年4月に県外医学部に入学を希望される方を対象に、17人の奨学金貸与候補者を募集します。

1集の概要

対象

平成31年4月に県外の大学医学部に入学を希望する方で、次のいずれにも当てはまる方

  • 本人または親が県内に住所を有する方か、県内の高等学校等を卒業(修了)する見込みまたは卒業(修了)した方
  • 県内の医師不足地域の公的医療機関または産科、小児科、救命救急センターに医師として勤務する意思を有する方

【すでに大学医学部に在学されている方を対象とする募集はありません。】

貸与内容

  • 月額20万円以内を大学卒業まで貸与(上限6年)
  • 大学入学に必要な費用として100万円以内を貸与

募集人数

17人

返還免除要件

貸与期間の1.5倍の期間、県内の医師不足地域の公的医療機関または産科、小児科、救命救急センターに医師として勤務すること

  •  詳細は、ホームページに掲載の「埼玉県医師育成奨学金貸与の手引き」を御覧ください。

応募書類も、ホームページからダウンロードしていただけます。

2考方法

書類選考(小論文)及び面接選考を実施します。

(面接選考は書類選考合格者に対して実施します。)

3集コース

年度より、卒業後に勤務することを志望する医療機関・診療科等の区分ごとに、コース別募集を行います。

望に応じ、下記の2コースのうちいずれかを選択し応募してください。

考(書類、面接)及び貸与後のキャリアアップ支援等は選択いただいたコースに基づき実施します(貸与候補者及び補欠貸与候補者の決定は2コース共通で行います)。

(1)特定地域の公的医療機関志望コース

医師免許を得た後、県内の医師不足地域の公的医療機関に医師として勤務することを志望する方

(2)産科・小児科・救命救急センター志望コース

医師免許を得た後、県内の産科、小児科、救命救急センターに医師として勤務することを志望する方

4スケジュール

  募集期間(期間内必着)

7月3日(火曜日)~8月3日(金曜日)

書類選考結果通知

8月31日(金曜日)までに発送

面接選考

9月9日(日曜日)

最終選考結果通知

9月28日(金曜日)までに発送

5募方法及び問い合わせ先

応募書類を募集期間内(必着)に下記へ簡易書留郵便により郵送又は持参してください。

〒330-8777

さいたま市中央区新都心1-2玉県立小児医療センター南玄関8階

埼玉県 保健医療部 医療人材課 医師確保対策担当 河野、柏本

電話:048-601-4600

持参書類受付・問い合わせ時間:土曜日・日曜日・祝日を除く8時30分~17時15分

県政ニュースのトップに戻る