Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > 日本芸術院賞受賞者  三田村有純氏・根岸右司氏が知事を表敬訪問

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月27日14時

県政ニュース

日本芸術院賞受賞者  三田村有純氏・根岸右司氏が知事を表敬訪問

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化振興担当
担当者名:小山

内線電話番号:2887
直通電話番号:048-830-2887
Email:a2875-04@pref.saitama.lg.jp

卓越した芸術作品と認められるものを制作した者及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者に授与される日本芸術院賞の本県在住の受賞者が知事への表敬訪問を行います。

表敬訪問の概要

1 日時

平成30年6月28日(木曜日)午前11時30分から11時40分

2 場所

知事室

3 出席者

平成29年度(第74回)受賞者  三田村 有純(みたむら ありすみ) 氏(工芸)

平成28年度(第73回)受賞者  根岸 右司(ねぎし ゆうじ) 氏(洋画)

 

参考情報

1 日本芸術院の概要

役割

日本芸術院は、芸術上の功績顕著な芸術家を優遇するための栄誉機関です。

また、芸術の発達に寄与する活動を行うとともに、芸術に関する重要事項を審議し、これを文部科学大臣又は文化庁長官に意見を述べることができるとされています。

 

沿革

日本芸術院は、明治40年6月に文部省美術展覧会(文展)を開催するために設けられた美術審査委員会を母体とし、大正8年9月に「帝国美術院」として創設されました。

その後、昭和12年6月に美術のほかに文芸、音楽、演劇、舞踊の分野を加え「帝国芸術院」に改組されるなどの拡充を経て、昭和22年12月に「日本芸術院」と名称を変更し、今日に至っています。

(日本芸術院ホームページより)

2 賞の概要

日本芸術院では、会員以外の者で、卓越した芸術作品と認められるものを制作した者及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者に対して、毎年、恩賜賞と日本芸術院賞を授与しています。

日本芸術院賞は、昭和16年から戦中、戦後の一時期を除いて毎年授与しており、平成29年度において第74回を数えています。

日本芸術院賞には賞状、賞牌、賞金が贈られます。

平成29年度恩賜賞・日本芸術院賞の授賞式は、天皇皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ、平成30年6月18日に挙行されました。

(日本芸術院ホームページより一部抜粋)

県政ニュースのトップに戻る