Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > 県立久喜図書館  企画展「なかがわちひろ原画展」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月21日14時

県政ニュース

県立久喜図書館  企画展「なかがわちひろ原画展」を開催します

部局名:教育局
課所名:久喜図書館
担当名:子ども読書推進担当
担当者名:近藤

直通電話番号:0480-21-2659
Email:g212659@pref.saitama.lg.jp

県立久喜図書館では、7月3日(火曜日)から「なかがわちひろ原画展」を開催します。

絵本・童話作家、翻訳家と、幅広く活躍されているなかがわちひろさんの原画約30点を展示します。あわせて当館1階「子ども図書室」では、なかがわちひろさんが携わった作品の資料展示も行います。

普段はなかなか見ることのできない原画は、印刷された絵本・書籍とは、また違った顔を見せてくれます。原画展を通じて、読書に親しみを持っていただければと思います。ぜひ御来場ください。

1 期間

平成30年7月3日(火曜日)~7月8日(日曜日)

9時00分~17時00分

2 会場

県立久喜図書館  2階  研修室(久喜市下早見85-5)

(JR宇都宮線、東武伊勢崎線久喜駅下車  徒歩20分) 

3 主な内容(展示原画点数:約30点)

なかがわちひろさんが初めて手掛けた絵本「のはらひめ」から、昨年発売された「めいちゃんの500円玉」まで、数々の原画を展示します。

 

【なかがわちひろ氏  プロフィール】

埼玉県在住。絵本作家・翻訳家。東京芸術大学美術学部卒業。翻訳家として『ふしぎをのせたアリエル号』(徳間書店)などの作品を手掛ける一方、創作絵本作家としても活躍。『天使のかいかた』(理論社)で日本絵本賞読者賞、『かりんちゃんと十五人のおひなさま』で野間児童文学賞を受賞。ほかに『のはらひめ』『おたすけこびと』(いずれも徳間書店)など。

4 入場料

無料

県政ニュースのトップに戻る