Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > NPO法人が中心となって地域課題の解決に挑戦!  平成30年度共助社会づくり支援事業の助成先を決定

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月21日14時

県政ニュース

NPO法人が中心となって地域課題の解決に挑戦!  平成30年度共助社会づくり支援事業の助成先を決定

部局名:県民生活部
課所名:共助社会づくり課
担当名:担い手支援担当
担当者名:桑原・野口

内線電話番号:2837
直通電話番号:048-830-2828
Email:a2835-03@pref.saitama.lg.jp

県では、「埼玉県特定非営利活動促進基金(埼玉県NPO基金)」を財源とする平成30年度の共助社会づくり支援事業の助成対象となるNPO法人を決定しました。

共助社会づくり支援事業は、埼玉県内に事務所を有するNPO法人と市町村や自治会、社会福祉協議会、任意団体など3主体以上が連携し、地域課題の解決を図る事業に対して助成(助成限度額50万円)するものです。

今回の助成対象事業は、4事業のうち3事業が、貧困家庭の子供、DV被害者、生活困窮者といった住民の居場所づくりに取り組む事業で、昨今の地域課題のトレンドを映し出すものとなりました。

そのほか、子育てを支援する事業では、実施NPO法人の従来の支援対象である親子に加えて地域の高齢者を巻き込み、多世代交流の促進を図ります。

助成対象事業の概要

*順不同

NPO法人名

事業名

連携先

事業のポイント

特定非営利活動法人子育て家庭支援センターあいくる

ネイチャーはぴはぴ

入間市子ども支援部  子育て支援政策室

社会福祉法人青芳会  鍵山苑

入間市内の豊かな自然環境を活かし、人口は増えているが広場のない地域に、これまでにない外遊び特化型出張広場等を開設する。

特定非営利活動法人  街のひろば

子ども遊びの広場(子どもの居場所・健康・食育を支援する)

 

三芳町社会福祉協議会

三芳町中央公民館 

貧困の中で、頑張っている子どもたちを対象に土曜日や夏休みなど長期休業日に、公民館等で居場所開放等を実施する。

特定非営利活動法人パープルネットさいたま

 

I・Me・Mine~自分がじぶんでいられる居場所~プロジェクト

 

NPO法人C.Cスペース

ぐーちょきぱーてぃ

さいたま市セーフコミュニティDV防止対策委員会

DVについて啓発する機会を提供する。また、支援の隙間でDVにさらされた子どもや女性に居場所を提供するとともに、民間支援団体のネットワークを構築する。

特定非営利活動法人  ほっとプラス

NPO・地域・大学の協同による生活困窮者等を対象にした居場所づくり事業(いこいの会)

さいたま市教育委員会(さいたま市五反田会館)

筑波大学小澤温ゼミナール

生活に困窮されている方々等と共同で地域でのサロン活動を行い、困窮者の方々が地域や社会で孤立することなく生活していく居場所づくり等を実施する。

 

※助成対象事業の詳細については、「埼玉県NPO情報ステーション  NPOコバトンびん」の「NPO助成制度セミナー・イベント」「平成30年度共助社会づくり支援事業助成団体決定」をご覧ください。

 

※埼玉県特定非営利活動促進基金(埼玉県NPO基金)は、平成16年度の創設以来、多くの個人や企業・団体の皆様から寄附をいただいています。今後も共に支え合う社会の担い手となるNPO法人の活動を支援するため、皆様の一層の御協力をお願いいたします。

県政ニュースのトップに戻る