Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > さいたま文学館  アフターファイブ文学講座「文豪ストレイドッグスに登場する埼玉ゆかりの文豪たち」の開催と受講者募集

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月15日14時

県政ニュース

さいたま文学館  アフターファイブ文学講座「文豪ストレイドッグスに登場する埼玉ゆかりの文豪たち」の開催と受講者募集

部局名:教育局
課所名:文化資源課
担当名:さいたま文学館駐在
担当者名:諏訪

直通電話番号:048-789-1515
Email:mail@saitama-bungakukan.org

さいたま文学館では、仕事や学校などで日中の講座を受講することができない方を対象に、19時から開講する「アフターファイブ文学講座」を開催します。

年度は、「文豪ストレイドッグスに登場する埼玉ゆかりの文豪たち」と題して、大人気漫画『文豪ストレイドッグス』に登場する埼玉ゆかりの文豪たちの実像に迫ります。

講座は平成30年7月25日(水曜日)から8月15日(水曜日)までの間で全4回開催します。各回完結型の講座のため、興味のある回のみに応募することもできます。

1時及び内容

  • 時間は全て19時00分~20時30分(受付18時30分~)

月日

取り上げる文豪・テーマ

第1回

7月25日(水曜日)

田山花袋

ただただ、ありのままを書こうとした作家

第2回

8月1日(水曜日)

太宰治

移り変わる世の中に、芸術を貫く

第3回

8月8日(水曜日)

中島敦

教師、南の島、そして…

第4回

8月15日(水曜日)

国木田独歩

その才能は早すぎたのか、それとも

2象及び申込み等

(1)対象

埼玉県内に在住・在勤・在学(高校生以上)の方

(2)定員

各回200名

(3)会場

さいたま文学館1階学ホール

(桶川市若宮1-5-9)

(4)費用

無料

(5)申し込み

申込方法:往復はがき(講座名(アフターファイブ文学講座)・受講希望日(複数申し込み可)・住所・氏名・年齢・電話番号を記載)

申込先:さいたま文学館

〒363-0022 桶川市若宮1-5-9

締切:7月9日(月曜日)【消印有効】

※申し込み多数の場合は抽選となります。

※夜間の講座のため、高校生は専用申込用紙で申し込んでください(各学校に送付します)。

3師プロフィール

榎本(えのもとあき)氏(文芸評論家・作家)

1977年東京生。二松學舎大学などを経て、1999年からWEBプランニング、ゲーム企画に関わる。2000年より、IT・歴史系ライターの仕事を始め、2007年榎本事務所創設。2008 年にライトノベル評論家として『ライトノベル文学論』を出版。その後複数のライトノベルレーベルの創刊に関わる。ライトノベルやエンタメ業界に関して評論・研究面で詳しい。小説の書き方にも強く、講師のほかに書き方の本も多数執筆。2014年より福原俊彦名義で時代小説作家としても活動。

4い合わせ

県教育局文化資源課芸術文化推進担当(さいたま文学館駐在)諏訪

〒363-0022川市若宮1-5-9

電話048-789-1515FAX 048-789-1517

E-mail:mail@saitama-bungakukan.org

さいたま文学館ホームページ

http://www.saitama-bungakukan.org/

県政ニュースのトップに戻る