Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > 平成30年度新規事業  「プログラミング教育推進事業」について

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月15日14時

県政ニュース

平成30年度新規事業  「プログラミング教育推進事業」について

部局名:教育局
課所名:義務教育指導課
担当名:教育指導担当
担当者名:酒井

内線電話番号:6778
直通電話番号:048-830-6778
Email:a6750@pref.saitama.lg.jp

平成32年度から全面実施される小学校学習指導要領では「プログラミング教育」の実施が示されました。

県では、「プログラミング的思考」育成のための授業などが円滑に実施できるようにするため、本年度から「プログラミング教育推進事業」を実施します。この度、授業実践例などを研究するモデル校を指定しましたので、事業内容とともにお知らせします。

事業内容

事業(1):プログラミング的思考の育成

小学校8校をモデル校に指定し、「プログラミング的思考」を育成するための授業実践例等を研究します。蓄積した実践事例等はホームページでの公開や、各種会議などを通じて、小学校に普及します。

<実践研究モデル校(8校)>

1

戸田市立戸田第一(とだだいいち)小学校

5

深谷市立榛沢(はんざわ)小学校

2

上尾市立鴨川(かもがわ)小学校

6

寄居町立桜沢(さくらざわ)小学校

3

毛呂山町立毛呂山(もろやま)小学校

7

春日部市立八木崎(やぎさき)小学校

4

滑川町立月の輪(つきのわ)小学校

8

蓮田市立平野(ひらの)小学校

 

 

 

 

 

※プログラミング的思考

自分が意図する活動を実現するために、どのような工程が必要であるか、その工程をどのような順番や組合せで進めれば最適かなどを論理的に考える力。

事業(2):発展的プログラミング教育の実施

小中学校各1校をモデル校に指定し、「プログラミング的思考」の育成だけでなく、自らプログラミングを駆使し、ICT技術などを創出することができるような人材の育成を目指した取組を研究します。モデル校では、近隣の工業系高校や大学、民間企業等とも連携し、ロボットコンテストなどへの出場も目指します。

<実践研究モデル校(2校)>

1

久喜市立太田(おおた)小学校

2

久喜市立太東(たいとう)中学校

 

県政ニュースのトップに戻る