Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年6月 > 埼玉県×東京大学CoREF「未来を拓く『学び』プロジェクト」における平成30年度「第1回カンファレンス」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年6月4日14時

県政ニュース

埼玉県×東京大学CoREF「未来を拓く『学び』プロジェクト」における平成30年度「第1回カンファレンス」を開催します

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:学びの改革担当
担当者名:岡田(祐)

内線電話番号:6767
直通電話番号:048-830-6766
Email:a6760-26@pref.saitama.lg.jp

玉県教育委員会では、生徒が他の生徒と協力しながら主体的に課題を解決する「協調学習※」の授業づくりと実践を「東京大学CoREF(コレフ)」と連携して推進しています。平成27年度からは「未来を拓く『学び』プロジェクト」として、生徒同士の主体的・協働的な学びを引き起こす「知識構成型ジグソー法 ※」の手法を用いた協調学習の授業づくりに取り組んでいます。

成30年度は、県立高校の研究開発校133校の教員652名が研究開発員として授業改善に向けた研究と実践に取り組みます。そのスタートとして、各学校の研究開発員が一堂に会し、東京大学CoREF教授 白水 始(しろうずはじめ)氏による講義と教科ごとの演習や協議を行う「第1回カンファレンス」を開催します。

※「協調学習」とは、学習者である生徒一人一人の理解の仕方を尊重し、生徒同士の話し合いを導くことによって、思考力・判断力・表現力に加え、コミュニケーション能力や問題解決能力等を育成する学習です。本プロジェクトで採用している「知識構成型ジグソー法」は、あるテーマについて、いくつかの部品になる資料をグループに分かれて担当し、それぞれ理解したことを交換し合い、統合して答えを導く方法です。

1

平成30年6月9日(土曜日)10時00分~16時30分

2

県立総合教育センター(行田市富士見町2-24)

3ログラム

10時00分~10時10分

開会行事

10時10分~10時25分

平成30年度の事業説明

10時25分~11時15分

講義:「主体的・対話的で深い学びの質を支える授業研究」

講師:東京大学CoREF

12時45分~15時00分

演習:「見とりの観点の設定」

15時15分~16時30分 

協議:「研究の進め方について」

 

県政ニュースのトップに戻る