Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年5月 > 「平成30年度定例第一回(春)関東地方知事会議」の開催結果について

ここから本文です。

 

発表日:2018年5月23日16時

県政ニュース

「平成30年度定例第一回(春)関東地方知事会議」の開催結果について

部局名:企画財政部
課所名:企画総務課
担当名:広域調整・基地対策担当
担当者名:田村・横溝・設楽

内線電話番号:2127
直通電話番号:048-830-2117
Email:a2110-08@pref.saitama.lg.jp

本日都内で平成30年度定例第一回(春)関東地方知事会議が開催されました。

上田知事は関東地方知事会会長として議事を進行し、各都県知事と地方分権改革の推進など国の施策に関する提案・要望事項等について協議しました。

本県からは「警察官の増員及び装備資機材の充実強化について」提案を行いました。

住民の安全・安心を確保するため、警察官の大幅な増員及び装備資機材の充実強化などを要望することを提案し、各都県知事から賛同を得ました。

会議の概要

1 日時

平成30年5月23日(水曜日)午後1時45分から午後3時30分まで

2 場所

都道府県会館3階  知事会会議室(東京都千代田区平河町二丁目6番3号)

3 出席者

埼玉県知事  上田 清司

東京都知事  小池 百合子

茨城県知事  大井川 和彦

栃木県知事  福田 富一

群馬県知事  大澤 正明

千葉県知事  森田 健作

神奈川県知事  黒岩 祐治

山梨県知事  後藤 斎

静岡県知事  川勝 平太

長野県知事  阿部 守一

4 協議事項

国の施策及び予算に関する提案・要望について

  • (1)地方分権改革の推進について
  • (2)子供たちを取り巻く脅威への対応について
  • (3)新たな教員免許状制度の創設について
  • (4)地域公共交通の維持確保について
  • (5)医師の偏在解消に向けた取組について
  • (6)警察官の増員及び装備資機材の充実強化について
  • (7)鳥獣被害防止対策の強化について
  • (8)災害救助法に係る政令市への権限移譲について
  • (9)地方創生を支える「人づくり」と「社会基盤づくり」の推進について
  • (10)地震対策等の推進について
  • (11)災害時の石油製品の供給拠点における燃料備蓄等への支援について
  • (12)本白根山噴火を契機とした火山災害対策の強化について
  • (13)道路網の整備促進等について
  •  

本県の提案要望

全国の刑法犯認知件数は、平成14年の約285万件をピークに減少傾向にある。しかし、児童虐待、ストーカー事案等の人身安全関連事案や特殊詐欺等、子供や女性、高齢者が被害者となる犯罪が多発しているなど、依然として厳しい情勢である。

関東地方知事会構成都県に全国の刑法犯認知件数の42%が集中している。また、ラグビーワールドカップ2019や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会などが開催されることから、訪日外国人がトラブルに巻き込まれるケースが懸念されるほか、テロ等緊急事態に的確に対処するための体制強化も必要となる。

住民の安全・安心を確保するためには、多岐にわたる警察活動を適切かつ円滑に推進しなければならない。

関東地方知事会を構成する全ての県警察では、警察官1人当たりの人口負担が全国平均を上回っており、また、警視庁においても首都の多岐にわたる警察活動を担うことから、各都県に対し、より一層の人的基盤の強化が必要である。

さらに、治安上の各種課題に迅速・的確に対応するためには、車両や装備資機材の充実強化も併せて行う必要がある。

ついては、次の事項について、特段の措置を講じられたい。

 

  • 1  戦略的かつ柔軟な警察活動の展開により、国民が安全で安心して暮らせる社会を実現するため、警察官を大幅に増員すること。
  • 2  警察官の業務を補完するための交番相談員等の非常勤職員の財源を確保すること。
  • 3  警察活動を支える車両や装備資機材の充実強化を図ること。

県政ニュースのトップに戻る