Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2018年5月22日16時

県政ニュース

行政書士に対する懲戒処分について

部局名:企画財政部
課所名:市町村課
担当名:行政担当
担当者名:田辺 永里 猪俣

直通電話番号:048-830-2682
Email:a2670-01@pref.saitama.lg.jp

埼玉県知事は、行政書士法(昭和26年法律第4号。以下「法」という。)に基づき、下記のとおり行政書士に対する懲戒処分を行いました。

1 処分を受けた行政書士

(1)氏名

髙橋 利行(たかはし としゆき)

(2)事務所の名称

行政書士法人高橋環境事務所

(3)事務所の所在地

埼玉県本庄市千代田四丁目2番4号  三の蔵

(4)行政書士の登録番号

第97135454号

2 処分の内容

(1)処分をした年月日

平成30年5月22日

(2)処分の内容

業務の禁止

(3)処分の根拠

法第14条第3号

(4)処分の原因となった事実

当該行政書士は、平成22年4月30日に、依頼者と産業廃棄物処理業許可代理申請に係る契約を締結し、依頼者の産業廃棄物処分業の変更許可(品目追加)手続きを行うこととなった。

これ以降、当該行政書士は依頼者と追加品目の決定に向けた協議を重ね、依頼者が事業場周辺の住民の同意を取得するに当たって同行し、埼玉県環境部産業廃棄物指導課(以下「産業廃棄物指導課」という。)に事前相談を行うなど、申請に向けた作業を進めていた。

しかし、調査の結果、本件処分の原因となる次の事実が認められた。

ア  当該行政書士は、産業廃棄物指導課に上記変更許可に係る申請をしていないにもかかわらず、平成29年1月頃に、依頼者の社長に対して、同年3月には許可が出る見込みであると偽って伝えた。

イ  その後も当該行政書士は申請手続きを進めることなく、平成29年6月上旬に、依頼者の社長に対して埼玉県の許可が出たと伝え、同月23日に、依頼者の産業廃棄物処分業許可証の写しを偽造し、依頼者へ手交した。

これらは、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類を作成することを業とする行政書士としてあるまじき行為であり、法第10条に規定する誠実履行義務及び信用・品位確保義務に違反し、また、法第14条に規定する重大な非行に該当する。

よって、法第14条に規定する行政書士に対する懲戒処分を行うものである。

県政ニュースのトップに戻る