Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年5月 > 「働くシニア 応援プロジェクト」の更なる展開!

ここから本文です。

 

発表日:2018年5月22日14時

県政ニュース

「働くシニア 応援プロジェクト」の更なる展開!

部局名:産業労働部
課所名:シニア活躍推進課
担当名:企画・指導担当、雇用推進担当、就業支援担当
担当者名:西岡、出井、福山

内線電話番号:4546、4547、4548
直通電話番号:048-830-4540
Email:a4540@pref.saitama.lg.jp

玉県では、シニアの皆さんが自らの意欲や希望に応じて働くことができるよう、企業への働き掛けやシニア向けの就業支援を行っています。

成30年度は3年目となる「働くシニア 応援プロジェクト」の更なる展開として、(1)現役からシニア活躍への橋渡し、(2)企業における「活躍の場」の拡大、(3)シニアへの就業支援などを実施し、生涯現役で活躍できる社会の実現に向け取り組んでいきます。

1役からシニア活躍への橋渡し

(1)概要

セカンドライフの充実に向けて、現役世代から退職時までシニア活躍へのスムーズな橋渡しを行う。

(2)主な取組

役世代への働き掛け~「シニアライフ案内士」の養成~

  • 主に40~50歳代の現役世代を対象にシニアライフにおける健康管理やマネープランなどシニアライフ全般に関するライフプランセミナーを開催(6月5日(火曜日)から参加者募集開始)
  • セミナー受講者をシニアライフ案内士として登録
  • 案内士には県から継続的に情報を提供し、案内士はそれらの情報を職場の同僚やコミュニティの知人に提供することで情報を拡散
(ア)個人向けセミナー

日時

場所

定員

7月21日(土曜日)

14時00分~16時40分

ふじみ野市立産業文化センター

(ふじみ野市)

 150名

9月23日(日曜日)

10時00分~12時40分

ラフレさいたま

(さいたま市)

 400名

9月23日(日曜日)

14時00分~16時40分

春日部市民文化会館

(春日部市)

 350名

10月7日(日曜日)

10時00分~12時40分

ラフレさいたま

(さいたま市)

 400名

10月7日(日曜日)

14時00分~16時40分

ラフレさいたま

(さいたま市)

 400名

※上記以外にも開催予定。詳しくは、県シニア活躍推進課ホームページ(シニアライフ案内士)

(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0813/seniorlife-guide.html)に掲載

(イ)金融機関・業界団体等との連携セミナー

金融機関や業界団体等と連携し、小規模セミナーを30回程度開催予定

退職時の働き掛け~「シニア応援カードの配付」~

  • 企業等を退職した方が国民健康保険への切替えに市町村窓口を訪れた際、相談窓口をまとめたカードを配付(6月以降を予定)
  • 退職後に仕事やボランティアなど多様な活動があることを周知

〔電話案内の実施〕

カード配付と合わせ、仕事やボランティアなどに関する身近な相談窓口を案内する「総合案内電話」を設置

電話048-780-2099

受付日時日10時~16時(土・日・祝日・12月29日~1月3日を除く)

2業における「活躍の場」の拡大

(1)概要

シニア活躍推進宣言企業の認定や助成金による70歳雇用の推進などにより、シニアの企業における活躍の場を拡大する。

(2)主な取組

ニア活躍推進宣言企業の認定

定年の見直しやシニアの経験を生かす仕組み作りなどシニアが働きやすい職場作りに取り組む企業を認定

(平成30年度末計1、500社目標)

(ア)宣言企業のフォローアップ

社会保険労務士や中小企業診断士などの専門家を企業アドバイザーとして宣言企業に派遣し、シニア活躍の障害となっている課題を解決

(イ)先進事例の普及促進

 業界団体などと連携し、技能承継や職場環境改善などのシニアの活用セミナーを開催し、先進事例を普及

涯現役実践企業(三つ星企業)の認定

宣言企業のうち、定年制を廃止又は70歳以上へ引き上げている企業を認定(平成30年度末 累計150社目標)

「70歳雇用推進助成金」の交付

(ア)概要

70歳になっても働けるよう定年の廃止又は定年年齢の70歳以上への引上げを新たに行う企業に助成金を交付

(イ)対象

県内に主たる事業所を有する企業等で、常時(※)10人以上(少なくとも1人は60歳以上)の労働者を雇用するもの

※期間を定めずに雇用されている、又は1か月を超える期間を定めて雇用されていること

(ウ)助成金額     

〔1社当たりの支給額〕

常用雇用者数

10~29人

30~49人

50~99人

100人以上

支給額(上限額)

50万円

130万円

180万円

200万円

(エ)受付期間

平成30年5月28日(月曜日)~6月29日(金曜日)

(オ)問い合わせ先

シニア活躍推進課 雇用推進担当

電話048-830-4539

受付日時日8時30分~17時15分(土・日を除く)

※詳しくは、県シニア活躍推進課ホームページ(70歳雇用助成金)

(http://www.pref.saitama.lg.jp/a0813/joseikin/h30-70joseikin.html)に掲載

3 シニアへの就業支援

(1)概要

シルバー人材センターやセカンドキャリアセンターなどを通じて、働く意欲のあるシニアの就業や起業を支援する。

(2)主な取組

ルバー・ワークステーションの展開

(ア)派遣先企業の開拓

〔主な開拓先〕

  • 事務系業務(経理、営業など)
  • 人手不足分野(介護施設、保育所、スーパー、ホームセンターなど)
(イ)即戦力人材の養成

福祉、小売等の企業ニーズに合わせた実践的な研修を実施

(ウ)シルバー・ワークトライアルの実施

短期間の体験就業によりその後の就業を促進

(エ)問合せ先

シルバー・ワークステーション事務局

※公益財団法人いきいき埼玉(埼玉県シルバー人材センター連合)内

電話048-728-7841

受付日時日8時30分~17時15分

(土・日・祝日・12月29日~1月3日を除く)

シニア向け起業の支援

少ない投資でも始められる身の丈にあった起業を提案

入門(1日)、基礎(3日間)、クラウドワーキング(3日間)の3コースを合計9回、7月以降実施予定

カンドキャリアセンターの就業支援

(ア)就職支援セミナー、相談、職業紹介の一体実施

県内8か所でシニアへの支援を展開

(イ)出前セミナー・合同企業面接会の実施

各市町村と共同実施(20市町村)

※セカンドキャリアセンターホームページ

http://careercenter-branch.com/)に掲載

問合せ先

[1役からシニア活躍への橋渡しについて]

県シニア活躍推進課雇用推進担当、就業支援担当 

電話:048-830-4539、4543 

[2業における「活躍の場」の拡大について]

県シニア活躍推進課用推進担当 

電話:048-830-4539

[3ニアへの就業支援について]

県シニア活躍推進課画・指導担当、就業支援担当 

電話:048-830-4540、4543 

県政ニュースのトップに戻る