Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2018年4月27日14時

県政ニュース

病院整備計画の公募について

部局名:保健医療部
課所名:医療整備課
担当名:総務・医療企画担当
担当者名:星野・工藤

内線電話番号:3603
直通電話番号:048-830-3535
Email:a3530-07@pref.saitama.lg.jp

地域の実情に応じ良好な医療提供体制を確保するため、第7次埼玉県地域保健医療計画に基づき、埼玉県地域医療構想において不足が推計されている医療機能など医療課題に対応する病院等の整備計画を募集します。

1 公募対象医療圏と病床数

公募の対象となる医療圏は、既存病床数が基準病床数を上回る「さいたま保健医療圏」、「北部保健医療圏」、「秩父保健医療圏」を除く二次保健医療圏(南部、南西部、東部、県央、川越比企、西部、利根の7保健医療圏)です。

また、公募の対象となる病床数は(C)のとおりです。

二次保健
医療圏

基準病床数

(A)

既存病床数

(B)

公募対象病床数

(C =A-B)

 
 

南部

4,671

4,439

232

 

南西部

4,604

4,500

104

 

東部

8,184

7,734

450

 

さいたま

7,566

7,825

0

 

県央

3,323

3,196

127

 

川越比企

7,111

6,786

325

 

西部

7,648

7,455

193

 

利根

4,284

4,077

207

 

北部

2,802

3,604

0

 

秩父

546

759

0

 

合計

50,739

50,375

1,638

 

※公募対象病床数(基準病床数A-既存病床数B)が0未満となるものは0としているため合計欄の横計は一致しません。

2 応募条件

(1)公募対象とする病床機能は以下のとおりとする(有床診療所を含む)。

ア  埼玉県地域医療構想において特に不足が推計されている回復期機能を担う病床

(地域包括ケア、回復期リハビリテーション及び在宅療養(後方)支援として必要な病床)

イ  その他、埼玉県地域保健医療計画の実現に向けて必要な病床

(がん・脳卒中・心血管疾患に対応する高度専門医療、救急、周産期、緩和ケア病床、等)

(2)平成33年3月末までの着工を条件とする。

3 病床配分にあたっての考え方

(1)地域の実情に応じた質が高く効率的な医療提供体制を目指すため医療法第30条の14第1項に規定する協議の場(地域医療構想調整会議)の議論を踏まえる。(応募医療機関の出席と説明、協議)

(2)計画採用に当たっては、病床の稼働状況(病床利用率)、医療従事者の確保計画などにより、病床整備の必要性、確実性を考慮する。

4 スケジュール

病院整備計画の受付  平成30年7月23日(月曜日)~8月24日(金曜日)

地域医療構想調整会議(応募医療機関の出席と説明、協議)  平成30年10月~11月(予定)

採用する病院整備計画の決定  平成31年1月(予定)

5 提出書類及び提出方法

「病院の整備計画申出書」を正副2部、埼玉県保健医療部医療整備課に直接提出してください。提出の際、申出の内容についてヒアリングを行いますので、必ず事前に来庁する日時を連絡してください。(電話:048-830-3535)

 

「病院の整備計画申出書」は、埼玉県のホームページアドレスからダウンロードしてください。

 

県政ニュースのトップに戻る