Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2018年4月26日19時

県政ニュース

県立学校での理科実験事故の発生について

部局名:教育局
課所名:高校教育指導課
担当名:教育課程担当
担当者名:杉田

内線電話番号:7391
直通電話番号:048-830-7391
Email:a6760@pref.saitama.lg.jp

1生日時

平成30年4月26日(木曜日)13時20分頃

2生場所

県立春日部女子高等学校学室

春日部市粕壁東6-1-1

校長木徹也

 

3

(1)5時間目「化学基礎」の授業で、硫黄を使った実験中、手順を誤り二酸化硫黄が発生した。

(2)1学年生徒41名、教諭1名、実習助手1名のうち、12名がのどが痛い、苦しい、気持ちが悪い等の体調不良を訴えた。(生徒11名、教諭1名)

(3)保健室で様子をみた後、13時40分に、消防署に連絡

(4)救急搬送者数:12名(生徒11名、教諭1名)

 

4急搬送者の状況

教諭1名・生徒8名が帰校

生徒3名が大事をとって入院、命に別状はない。

 5

黄の粉末を入れた試験管をバーナーで加熱し、加熱した硫黄を、本来ビーカーに入った水に流し込み冷却すべきところを、誤って試験管ごと水に入れてしまい、試験管にひびが入った。驚いた生徒が、水から引き上げた際、試験管が割れ、実験机に内容物が拡散し、空気中の酸素と反応して、二酸化硫黄が発生した。

6発防止策

当教諭は実験に当たり、事前に実験の手順及び安全指導を行っていたが、今後更に生徒に対する指導を徹底するよう学校を指導していく。

県政ニュースのトップに戻る