Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2018年4月 > イタリア競歩チームの所沢市での事前合宿が決定 歓迎レセプションを開催します

ここから本文です。

 

発表日:2018年4月10日14時

県政ニュース

イタリア競歩チームの所沢市での事前合宿が決定 歓迎レセプションを開催します

部局名:県民生活部
課所名:オリンピック・パラリンピック課
担当名:キャンプ・宿泊担当
担当者名:浜田・笹次・橋本

内線電話番号:2876
直通電話番号:048-830-2874
Email:a2880@pref.saitama.lg.jp

イタリア共和国の競歩チームが、IAAF世界競歩チーム選手権大会に向けた調整のため所沢市で事前合宿を実施します。

この大会は、中華人民共和国の太倉市で平成30年5月5日(土曜日)~6日(日曜日)に開催される競歩種目の国際大会です。

今回の合宿は、平成29年10月にイタリアオリンピック委員会が東京2020オリンピックの事前トレーニングキャンプを所沢市で実施することについて埼玉県、所沢市、及び早稲田大学と合意したことにより実現したもので、東京2020オリンピック、さらにその後まで続くイタリアと埼玉県の絆を築く第一歩となります。

なお、イタリア競歩チームの来県を歓迎し、大会での勝利を祈念するため、歓迎レセプションを開催します。

事前合宿の概要

1

平成30年5月5日(土曜日)~6日(日曜日)に中華人民共和国の太倉市で開催されるIAAF世界競歩チーム選手権大会に向けたコンディション調整を行う。

2間 

平成30年4月11日(水曜日)~26日(木曜日)16日間

3参加人数 

選手5名、コーチ3名

4習拠点 

(1)国立障害者リハビリテーションセンター外周歩道(所沢市道3-851号線4路線)

(2)所沢市民体育館 トレーニング室

(3)所沢航空記念公園

レセプションの概要

1

平成30年4月12日(木曜日)17時00分~19時00分

2場 

エコトコ・ファーマーズカフェ

(埼玉県所沢市並木1-13沢航空発祥記念館1階)

3席者 

イタリア競歩チームコーチトリシオ・パセセペ

マネージャーランチェスコ・タンボリエッロ

選手ッシモ・スタノ

フランチェスコ・フォルトゥナト

マリオヴィットーリア・ベッキーチ

アンドレア・アグスティ

アントネッラ・パルミサーノ

(リオ五輪4位、2017世界陸上3位)

埼玉県知事司 

所沢市長本 正人

早稲田大学スポーツ科学学術院教授・理事 

4容 

  • イタリア競歩チーム選手紹介
  • ピザ世界王者・赤荻一也氏によるパフォーマンス
  • 秋草学園短期大学の学生による「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」取組状況報告
  • 県知事、所沢市長及び早稲田大学からイタリア競歩チームへ記念品贈呈
  • 写真撮影

参考

(1)イタリアオリンピック委員会の事前トレーニングキャンプについて

成29年10月にイタリアオリンピック委員会は、東京2020オリンピック競技大会における事前トレーニングキャンプを所沢市で実施することについて、埼玉県、所沢市及び早稲田大学と合意しました。

前トレーニングキャンプでは、早稲田大学所沢キャンパスを拠点とし、陸上、水泳など複数競技、最大で200人以上の選手の事前トレーニングキャンプを実施する予定です。

この事前トレーニングキャンプに先立ち、今回の競歩チームの事前合宿が実現しました。平成30年5月5日(土曜日)~6日(日曜日)に中華人民共和国の太倉市で開催されるIAAF世界競歩チーム選手権大会に向けたコンディション調整のために行われるものです。

(2)「IAAF世界競歩チーム選手権大会」について

IAAF(国際陸上競技連盟)が主催する競歩種目の国際大会。1961年にスイスのルガノで初めて開催され、今回で第28回目の大会となります(第27回大会から現大会名称に変更)。距離ごとに10km、20km、50kmの3部門があります。

個人の部と国別対抗の団体の部があり、団体の部は各国の各種目上位3名による個人順位により順位を争います。

イタリア共和国は第27回大会で男子50km団体の部で優勝しています。また、今回来日するアントネッラ・パルミサーノ選手は、リオオリンピック女子20km競歩で4位入賞、2017ロンドン世界陸上競技選手権大会女子20 km競歩で銅メダルの成績を残しています。 

(3)秋草学園短期大学の学生による「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」の取組について

所沢市の学校法人秋草学園と所沢市で締結した「官学連携に関する基本協定」に基づき、「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を市と共に盛り上げるべく、所沢市長から秋草学園の学生38名が「秋草メダルレンジャー」に任命されています。任命された学生は、市内のイベント等で携帯電話・小型家電の回収やプロジェクトのPRを行っています。

※「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」

益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施している、東京2020大会で使用するメダルを携帯電話等の使用済み小型家電から製作するプロジェクト。

 

県政ニュースのトップに戻る