Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年1月 > 県立歴史と民俗の博物館  武蔵武士ゆかりの国宝短刀「謙信景光(けんしんかげみつ)」を特別公開します  本県ゆかりの名刀なども併せて公開

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月24日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館  武蔵武士ゆかりの国宝短刀「謙信景光(けんしんかげみつ)」を特別公開します  本県ゆかりの名刀なども併せて公開

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:根ヶ山

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

県立歴史と民俗の博物館では、平成31年2月5日(火曜日)から3月3日(日曜日)まで、特集展示「国宝公開  短刀  銘景光(めいかげみつ)」を開催します。当館が所蔵する、武蔵武士の大河原(おおかわら)氏が備前長船派(びぜんおさふねは)の刀工景光(かげみつ)に作らせた国宝の短刀を、期間限定で特別公開します。

大河原氏は秩父郡出身の武士ですが、この短刀を作らせた時には播磨国宍粟郡三方西(はりまのくにしさわぐんみかたのさい)(現在の兵庫県宍粟(しそう)市)に移住していました。しかし、その刀身には「秩父大菩薩(ちちぶだいぼさつ)」と刻まれており、秩父神社に奉納されたものと考えられています。遠く播磨国にありながらも故郷を想う、武蔵武士の心が垣間見られます。この短刀は、戦国時代には上杉謙信の愛刀となっていたため、「謙信景光(けんしんかげみつ)」と呼ばれています。

今回の特別公開では、本県ゆかりの名刀なども同時公開するほか、大人気のPCブラウザゲーム&スマホアプリ「刀剣乱舞(とうけんらんぶ)-ONLINE-」とのコラボレーション企画も実施します。

特集展示「国宝公開  短刀  銘景光」の概要

1 会期

平成31年2月5日(火曜日)~3月3日(日曜日)

※月曜休館(2月11日は開館)

2 開館時間

9時00分~16時30分(観覧受付は16時00分まで)

3 会場

県立歴史と民俗の博物館  常設展示室第3室ほか

4 観覧料

一般300円、高校生・学生150円

(20名以上の団体  一般200円、高校生・学生100円)

※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

5 アクセス

東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩約5分

※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関をご利用ください。

6 関連展示

常設展示室第3・5・7室において、埼玉県ゆかりの名刀などを公開

【主な展示予定資料】

  • 重要文化財「刀  無銘  伝助真(むめい  でんすけざね)」(龍門寺(りゅうもんじ)蔵、当館寄託)
  • 県指定文化財「道憲作十文字槍(どうけんさくじゅうもんじやり)」(当館蔵)
  • 県指定文化財「太刀(安家作(やすいえさく))」(個人蔵、当館寄託)
  • 県指定文化財「刀(金粉銘兼光(きんぷんめいかねみつ))」(個人蔵、当館寄託)
  • 県指定文化財「藤枝太郎英義作(ふじえだたろうてるよしさく)刀」(当館蔵)

「刀剣乱舞-ONLINE-」とのコラボレーション

本展で展示を行う国宝「短刀  銘景光」は、平成29年に「謙信景光」として、PCブラウザゲーム&スマホアプリ「刀剣乱舞-ONLINE-」の登場キャラクター(刀剣男士)に採用されました。

今回初めて、国宝である短刀の実物展示との当館におけるコラボレーションが実現します。

【コラボレーションの内容】

  • 1  刀剣男士「謙信景光」等身大パネル、描き下ろしイラスト等の展示
  • 2  オリジナルカードを本展の有料観覧者にプレゼント
  • 3  オリジナル新コラボグッズ(ポストカードと缶バッジのセット)の販売
  • 4  「刀剣乱舞-ONLINE-」宣伝隊長「おっきいこんのすけ」撮影会&名刺プレゼント
  •       平成31年2月23日(土曜日)11時~、14時~ 

その他

2月17日(日曜日)まで、企画展「埼玉の官衙(かんが)―律令時代の“お役所”―」を開催しています(会期:平成31年1月2日(水曜日)~2月17日(日曜日))。

県内で行われた発掘調査で出土した考古資料を通して、律令国家による地方支配の上で官衙が果たした役割や、その特徴について紹介します。

県政ニュースのトップに戻る