Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年1月 > 県営住宅の敷地活用に向けた対話型市場調査の結果

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月17日14時

県政ニュース

県営住宅の敷地活用に向けた対話型市場調査の結果

部局名:都市整備部
課所名:住宅課
担当名:住宅経営担当
担当者名:新庄・福田

内線電話番号:5589
直通電話番号:048-830-5569
Email:a5550-02@pref.saitama.lg.jp

玉県では、老朽化した県営住宅の建て替えで生み出した用地に、地域貢献施設などを誘致することにより、団地とその周辺地域の活性化を図る団地再生事業を進めています。

大宮砂団地及び大宮長山団地の敷地活用にあたって、事業者の視点からアイデアやノウハウをご提案いただくために「対話型(サウンディング型)市場調査」を実施し、その結果がまとまりましたのでお知らせします。

調査結果の概要

1 スケジュール

平成30年 7月  実施要領の公表及び受付

  8月  個別対話の実施

  9月~12月  事業者再ヒアリング

2 調査協力事業者

7者(建設関連事業者、医療法人、社会福祉法人、施設運営事業者、不動産事業者)

3 調査結果

⑴展開可能と考えられる事業アイデアについて

<大宮砂団地>

  • ž   病院を中心とし、小規模保育事業所を併設
  • ž   認定こども園を中心とし、地域交流施設を併設
  • ž   賃貸住宅を中心とし、子供向け教育施設及び高齢者施設を併設

<大宮長山団地>

  • ž   高齢者施設(サービス付高齢者向け住宅、介護付き有料老人ホーム等)
  • ž   高齢者及び障害者向け複合型施設
     (地域密着型特別養護老人ホーム、障害児向け放課後デイサービス等)
  • ž   駐車場

⑵事業アイデアの実現へ向けた主な課題について

  • ž   小規模保育事業所や認定こども園、高齢者施設は、事業収支上、公的補助が 得られることが前提である。
  • ž   建設費等の初期投資費用を抑えるため、公設民営の方式が有効である。
  • ž   建物の減価償却を考慮し、賃貸借期間が30年程度となるような事業スキームが望ましい。

4 今後の予定

提案された事業アイデアや実現に向けた課題を踏まえ、引き続き、敷地活用について検討していきます。

(参考)

1 募集した提案内容

大宮砂団地:団地及び地域の子育て世帯への支援が可能となる施設

大宮長山団地:団地及び地域に貢献できる施設

2 事業用地の概要

 

大宮砂団地

大宮長山団地

所在地

さいたま市見沼区東大宮

三丁目5番1

さいたま市北区東大成町

一丁目159番5

敷地面積

約2,629平方メートル

約2,140平方メートル

最寄駅

JR宇都宮線

東大宮駅徒歩13分

埼玉新都市交通伊奈線

鉄道博物館駅徒歩9分

 

県政ニュースのトップに戻る