Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年1月 > 平成30年度「埼玉グローバル賞」の受賞者を決定しました  世界への挑戦・未来への投資・地域国際化の3分野で表彰します

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月17日14時

県政ニュース

平成30年度「埼玉グローバル賞」の受賞者を決定しました  世界への挑戦・未来への投資・地域国際化の3分野で表彰します

部局名:県民生活部
課所名:国際課
担当名:多文化共生・NGO担当
担当者名:渋沢

内線電話番号:2715
直通電話番号:048-830-2714
Email:a2705-03@pref.saitama.lg.jp

玉県は、世界を意識した将来性のある活動や地域の国際化に向けた活動を行っている個人や団体に「埼玉グローバル賞」を贈呈し、表彰しています。

年度の受賞者として3団体、1個人を決定しました。表彰式は2月6日(水曜日)に行います。

賞者には、知事から表彰状と副賞を贈るとともに、世界と埼玉をつなぐ懸け橋として活動していただく埼玉親善大使を委嘱します。

1 受賞者及び受賞理由

(1)「世界への挑戦」分野   1団体、1名

 株式会社 協同商事(きょうどうしょうじ) (川越市)

【受賞理由】

クラフトビール「COEDO」を醸造し、積極的な海外展開を実現。世界的なビールコンテストとして知られるワールドビアカップやヨーロピアンビアスターアワードなど世界の品評会で多くの賞を受賞

林田(はやしだ ) ひろゆき 氏(上尾市)

【受賞理由】

和太鼓奏者で、肩から太鼓を下げて演奏する「かつぎ桶太鼓」の第一人者。数々の国際的イベントで演奏を行うほか、和太鼓の普及活動に携わる等、世界34か国で活躍

(2)「未来への投資」分野  1団体

特定非営利活動法人 エクアドルの子どものための友人の会(飯能市)

 【受賞理由】

エクアドルの中学生・高校生を対象とした奨学生プログラム及び現地の教師や 保護者と連携した学校菜園、栄養改善などの教育環境改善事業を実施。過去には、学校施設の建設や改修を通してエクアドルの子どもを支援

(3)「地域国際化」分野  1団体

  特定非営利活動法人 NGO多文化共生協働センター・川口(川口市)

【受賞理由】

外国籍の人たちの自立支援を目指し、行政や関係団体などと連携し協働事業を促進。地域貢献する人材を育成する川口市盛人大学国際コースの企画・運営など、多文化共生社会の実現に向けたまちづくりに貢献

2 表彰式

(1)日時  平成31年2月6日(水曜日)15時10分~15時45分

(2)会場  埼玉県知事公館  大会議室

参考

1 埼玉グローバル賞について

玉県にゆかりのある団体や個人の、世界を意識した将来性のある活動や地域の国際化に向けた地道な活動などを表彰することにより、埼玉県のグローバル化、世界に開かれた埼玉の構築に資することを目的として、平成23年度から実施しています。これまで12団体及び11個人(計23件)を表彰しています。

【表彰分野】

(1)「世界への挑戦」分野

世界に目を向け果敢にチャレンジする将来性のある活動

(2)「未来への投資」分野

海外で活躍できる若い人材を育てる活動や海外諸国の未来を支えるための活動

(3)「地域国際化」分野

国際交流、国際理解を通じて地域と世界を結ぶ活動や、外国人住民と地域住民との共生を進める地道な活動

2 選考方法

埼玉グローバル賞審査会での審査を経て、埼玉県知事が決定

3 審査委員

中本進一委員長(埼玉大学教授)他4名

 

※受賞者概要は別紙(PDF:2,201KB)をご覧下さい。

県政ニュースのトップに戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。