Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年1月 > 埼玉ピースミュージアム  テーマ展「童謡  その心~子どもたちの謡い~」の開催

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月17日14時

県政ニュース

埼玉ピースミュージアム  テーマ展「童謡  その心~子どもたちの謡い~」の開催

部局名:県民生活部
課所名:広聴広報課
担当名:企画調整・ウェブ担当 平和資料館駐在
担当者名:渡 政和

直通電話番号:0493-35-4111
Email:a2840-37@pref.saitama.lg.jp

テーマ展の概要

現在でも人々に親しまれている「童謡」の多くは、大正時代に興った「児童文化運動」の中で盛んに創られました。北原白秋、野口雨情などの作家が作詞し、本居長世、中山晋平などの音楽家が作曲し、童謡歌手によって歌われ、ラジオなどに取り上げられたことで流行していきました。

このテーマ展は、大正期に「童謡」が誕生し、流行した経緯を知っていただくとともに、昭和以降の戦局の悪化に伴う文化統制が「童謡」に影響を与えていく様子から戦争の悲惨さと平和の尊さを感じていただく内容となっています。また、埼玉県に関わる「童謡」や作詞家加藤省吾や作曲家下總皖一といった埼玉の童謡作家などを紹介することで、「童謡」が社会の中で果たしてきた意義や郷土埼玉との関わりについて考えていただく機会とするものです。

あわせて、ギャラリーでは、2月7日(木曜日)から2月22日(金曜日)の間、北方領土・竹島・尖閣諸島パネル展を開催します。

入館は無料です。是非、お出掛けください。

1 会期

平成31年1月19日(土曜日)~平成31年3月3日(日曜日)

2 会場

埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)企画展示室

3 主な展示資料

雑誌『赤い鳥』、『金の星』、青い目の人形「ワーテラ・ヘス」、「ミルドレッド・ルシール」、『少女小曲集 浜千鳥』、『ハーモニカ童謡曲集』など

4 出品点数

約200点

展示資料画像

期間中の主なイベント(無料)

テーマ展「童謡  その心」とあわせて御参加ください。

映画会(13時開場・13時30分上映開始、定員160名:先着順)

  • 1月19日(土曜日)「高原のお嬢さん」(主演:舟木一夫)
  • 1月26日(土曜日)「禁じられた遊び」(主演:ブリジット・フォッセー)
  • 2月7日(木曜日)「青い山脈」(主演:吉永小百合)
  • 2月14日(木曜日)「潮騒」(主演:吉永小百合)
  • 2月17日(日曜日)「カヴァルケード」(主演:ダイアナ・ウィニャード)
  • 2月23日(土曜日)「キューポラのある街」(主演:吉永小百合)

「北方領土・竹島・尖閣諸島パネル展」

期間  2月7日(木曜日)~2月22日(金曜日)

※パネル展に関しては、広聴広報課企画調整・ウェブ担当(048-830-2864)にお問い合わせください。

埼玉ピースミュージアム(埼玉県平和資料館)のご案内

[開館時間]9時~16時30分(入館は16時まで)

[休館日]毎週月曜日(但し、2月11日(建国記念日)は開館、翌12日(火曜日)が休館)

[入館料]無料

[交通]関越自動車道東松山I.C.から約15分、鶴ヶ島I.C.から約25分、坂戸西スマートI.C.から約15分(ETC装着車のみ)

  東武東上線高坂駅西口から「鳩山ニュータウン行き」バス8分、大東文化大学下車徒歩5分

県政ニュースのトップに戻る