Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月10日18時

県政ニュース

コイヘルペスウイルス病の発生について

部局名:農林部
課所名:生産振興課
担当名:花き・果樹・特産・水産担当
担当者名:長嶋、来間

内線電話番号:4151
直通電話番号:048-830-4151
Email:a4151@pref.saitama.lg.jp

須市の個人宅の池のニシキゴイの病気および追跡調査で調べた養魚場のニシキゴイについて、(国研)水産研究・教育機構へ診断を依頼したところ、1月10日、コイヘルペスウイルス病と確定されましたのでお知らせします。

● 検査結果

PCR検査結果:個人池3尾中3尾陽性

養魚場1尾中1尾陽性

(国研)水産研究・教育機構 増養殖研究所(三重県)

● 経過

(1)12月27日(木曜日)、加須市の個人の飼育池で発生したニシキゴイ病魚について、県水産研究所がコイヘルペスウイルス病の一次検査を実施した結果、3尾中3尾が陽性となりました。

(2)同時に行った導入元養魚場の一次検査では陰性でしたが、原因究明のために県水産研究所が追跡調査を行っていました。1月4日に1尾死亡したため、一次検査をしたところ、1月7日に1尾中1尾が陽性となりました。

(3)1月8日に、(国研)水産研究・教育機構へ確定診断を依頼したところ、1月10日に4尾中4尾が陽性となりました。

(4)まん延防止のため、今後水産研究所の指導のもと、処分と消毒を実施する予定です。

(5)なお、最近5年間の本県でのコイヘルペスウイルス病の発生はなく、直近での発生は平成24年7月の所沢市を流れる東川でした。

 

イヘルペスウイルス病について

(1)この病気は、コイ及びニシキゴイ以外の魚には感染しません。

(2)人に感染することはなく、この病気のコイを食べても人に害はありません。


県政ニュースのトップに戻る