Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2018年度 > 2019年1月 > 県立博物館施設等  第8回学芸員合同研究発表「ミュージアムフォーラム 2019―木―」を開催します

ここから本文です。

 

発表日:2019年1月4日14時

県政ニュース

県立博物館施設等  第8回学芸員合同研究発表「ミュージアムフォーラム 2019―木―」を開催します

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:学芸担当 教育・広報担当
担当者名:大越 谷田

直通電話番号:048-824-0111
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

県立博物館施設等では、学芸員が日々行っている研究活動を広く紹介するため、異なる分野の学芸員が一堂に会し、共通のテーマに沿って研究発表を行う「ミュージアムフォーラム」を開催しています。

第8回目となる今回は、県立歴史と民俗の博物館を会場に、考古・歴史・民俗・自然・美術の5分野の学芸員が「木」を共通テーマとした研究発表を行います。

1 開催日時

平成31年1月19日(土曜日)10時20分~15時30分(開場9時30分~)

2 会場

県立歴史と民俗の博物館  講堂

3 内容

発表1(考古):眠る木の道具(10時25分~11時10分)

県立さきたま史跡の博物館 学芸員 青笹 基史

発表2(歴史):戸田の渡しから戸田橋へ(11時10分~11時55分)

県立歴史と民俗の博物館 学芸員 中村 陽平

発表3(民俗):明治45年農商務省編『木材の工芸的利用』を中心とした笊籠の産地と流通(13時00分~13時45分)

県立嵐山史跡の博物館 主任学芸員 服部 武

発表4(自然):ネズミがドングリをかじると(13時45分~14時30分)

県立自然の博物館 学芸員 奥村 みほ子

発表5(美術):場景表現における木の役割~松を中心に~(14時40分~15時25分)

県立歴史と民俗の博物館 主任学芸員 池田 伸子

4 定員

150名(途中入退場自由)

5 費用

無料(ただし、展示室に入場するときは別途入館料が必要となります)

6 申し込み方法

事前申込不要  当日先着順

7 交通案内

県立歴史と民俗の博物館

〒330-0803さいたま市大宮区高鼻町4-219

http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩約5分

※駐車場台数に限りがありますので、電車を御利用ください。

8 主催

埼玉県教育局文化資源課、埼玉県立歴史と民俗の博物館、埼玉県立さきたま史跡の博物館、埼玉県立嵐山史跡の博物館、埼玉県立近代美術館、埼玉県立自然の博物館、埼玉県立文書館、さいたま文学館、埼玉県立川の博物館

県政ニュースのトップに戻る