Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年11月 > 県立歴史と民俗の博物館 特別展「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」開催と正月イベントについて

ここから本文です。

 

発表日:2017年11月28日14時

県政ニュース

県立歴史と民俗の博物館 特別展「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」開催と正月イベントについて

部局名:教育局
課所名:歴史と民俗の博物館
担当名:展示担当
担当者名:中村

直通電話番号:048-645-8171
Email:m410890@pref.saitama.lg.jp

 県立歴史と民俗の博物館では、新年は1月2日(火曜日)から開館します。

 1月2日(火曜日)から開催の特別展「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」は、明治天皇の氷川神社行幸150年と明治150年を記念し、明治天皇の行幸の歴史を氷川神社の社宝や明治天皇ゆかりの品からたどります。記念講演会や氷川神社勅使斎館公開などの関連事業も行います。

 また、1月2日(火曜日)と1月3日(水曜日)の2日間は正月イベント「博物館でお正月」を実施します。当館「ゆめ・体験ひろば」でのお正月遊びや、常設展示室内でのクイズ・ラリーなど、子供から大人までお楽しみいただける内容です。 

特別展「明治天皇と氷川神社―行幸の軌跡―」の概要

1 会期

 平成30年1月2日(火曜日)~2月12日(月曜日・振替休日)

2 休館日 

 月曜日(ただし1月8日、2月12日は開館します)

3 開館時間 

 9時~16時30分(観覧受付は16時00分まで)

4 会場       

 県立歴史と民俗の博物館 特別展示室

5 観覧料 

 一般600円、高校生・学生 300円

 20名以上の団体 一般400円、高校生・学生200円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

6 アクセス 

 東武アーバンパークライン(野田線)大宮公園駅から徒歩5分

 ※駐車台数に限りがあります(18台)。公共交通機関をご利用ください。

7 主催

 埼玉県立歴史と民俗の博物館

8 特別協力

 武蔵一宮氷川神社

9 協力       

 埼玉県立文書館

10 後援       

 朝日新聞さいたま総局、埼玉新聞社、産経新聞さいたま総局、テレ玉、東京新聞さいたま支局、日本経済新聞社さいたま支局、NHKさいたま放送局、毎日新聞さいたま支局、読売新聞さいたま支局、FM NACK5

 

特別展のみどころ

1 明治天皇の氷川神社行幸に関する歴史を紹介します。

 明治天皇は、明治元年(1868)10月27日、東京城(江戸城)を出発し、翌28日に氷川神社に参拝に訪れます。氷川神社へ至る道中で人々に贈られた品々や、行幸の記録を留めた資料から、氷川神社行幸の歴史を紐解きます。

 また行幸の様子を描いた県指定文化財「氷川神社行幸絵巻」や、明治天皇が氷川神社に奉納した大判で作成した神鏡や花器、かつての社家に伝わる品も公開します。

2 明治天皇ゆかりの品を公開します。

 氷川神社行幸ののち、氷川神社は明治4年(1871)には、伊勢神宮に次ぐ社格の官幣大社となります。そのため氷川神社は、皇室などから崇敬を受け様々な品が奉納されました。本展では、通常神庫に納められているこれらの御神宝を公開します。

 その他、50年ぶりに公開される明治天皇着用の装束や、明治神宮などに伝わる明治天皇ゆかりの美術品なども紹介します。

 

関連事業

1 氷川神社勅使斎館特別公開

 日時:平成30年1月24日(水曜日) 10時、11時、14時、15時の計4回、各回30名、30分程度の解説

 場所:武蔵一宮氷川神社 勅使斎館

 内容:勅使を迎え、潔斎や休息などに用いる氷川神社勅使斎館を特別公開

 申込:当日現地にて受付(各回とも開始30分前から整理券配布)

2 講演会

1.「明治天皇の東幸と民衆」

 講師:椿田 有希子 氏(神奈川県立公文書館)

 日時:平成30年1月20日(土曜日)14時00分~15時30分

 場所:県立歴史と民俗の博物館 講堂

 申込:1月11日(木曜日)まで【必着】往復はがき(講演会名・住所・氏名(1通につき2名まで)・電話番号を明記)で県立歴史と民俗の博物館(特別展講演係)

 定員:150名(応募多数の場合は抽選)

 

2.「武蔵一宮氷川神社の歴史と明治天皇御親祭」

 講師:東角井 真臣氏(武蔵一宮氷川神社権宮司)

 日時:平成30年2月4日(日曜日)14時00分~15時30分

 場所:県立歴史と民俗の博物館 講堂

 申込:1月27日(土曜日)まで【必着】往復はがき(講演会名・住所・氏名(1通につき2名まで)・電話番号を明記)で県立歴史と民俗の博物館(特別展講演係)

 定員:150名(応募多数の場合は抽選) 

 

※ 県立歴史と民俗の博物館 特別展講演係

 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町4-219 

3 歴史民俗講座「氷川神社行幸~地域は大忙し~」

 講師:中村陽平(当館学芸員)

 日時:平成30年1月27日(土曜日)14時00分~15時30分

 場所:県立歴史と民俗の博物館 講堂

 申込:平成29年12月27日(水曜日)8時30分から電話による受付開始

 定員:150名(先着順)

4 展示解説

 1月2日(火曜日)、1月8日(月曜日)、1月21日(日曜日)、2月3日(土曜日)、2月12日(月・振替休日) いずれも13時30分~14時00分 

 学芸員が展示解説を行います。事前申込は不要です。

 

※ 関連事業の詳細はホームページ

 (http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/?page_id=531)を御覧ください。

 

正月イベント 「博物館でお正月」

 お正月だけの特別イベントを開催します。参加者には記念品をプレゼントします。また、期間中に展示室を御見学いただいた皆様に、宝船の摺物を進呈します(なくなり次第終了)。

1 開催期間

 平成30年1月2日(火曜日)・1月3日(水曜日)

2 イベント内容

(1)博物館でお正月遊びを楽しもう!

 福笑い(2日(火曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分)

 投扇興(3日(水曜日)9時00分~12時00分、13時00分~16時00分)

 かるた大会(2日(火曜日)・3日(水曜日)9時00分~16時00分)

(2)常設展示室をまわってクイズに答えよう!

 クイズ・ラリー(2日(火曜日)・3日(水曜日)9時00分~16時00分)

(3)普段は見ることのできない博物館の裏側を探検しよう!

 裏方探検隊 (2日(火曜日)・3日(水曜日)13時30分~14時00分)

3 会場

 県立歴史と民俗の博物館 常設展示室、ゆめ・体験ひろば

4 料金

 「クイズ・ラリー」と「裏方探検隊」は常設展示観覧料が必要

 一般300円、高校生・学生150円

 ※中学生以下と障害者手帳等をお持ちの方(付添1名を含む)は無料

5 申し込み

 当日、会場にお越しください。

 なお、「博物館でお正月遊びを楽しもう!(福笑い・投扇興・かるた大会)」と「クイズ・ラリー」の受付は、終了時間の30分前までとさせていただきます。

 

 

県政ニュースのトップに戻る