Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年10月 > 県立近代美術館 開館35周年 11月は開館記念月間 - 11月3日(金曜日・祝日)で「みなさまとともに」開館35周年を迎えます -

ここから本文です。

 

発表日:2017年10月26日14時

県政ニュース

県立近代美術館 開館35周年 11月は開館記念月間 - 11月3日(金曜日・祝日)で「みなさまとともに」開館35周年を迎えます -

部局名:教育局
課所名:近代美術館
担当名:教育・広報担当
担当者名:梅津・飯島

直通電話番号:048-824-0110
Email:p240111@pref.saitama.lg.jp

 県立近代美術館は、11月3日(金・祝)で開館35周年を迎えます。

 11月を開館記念月間として、小さなお子様から大人まで気軽に楽しめる、美術館ならではの様々なプログラムを実施します。ぜひお越しください。 

1 11月3日(金・祝)「開館記念大感謝祭」

 場所:県立近代美術館 2階講堂

 時間:10時00分~16時00分

 対象:どなたでも

 定員:なし(混雑時入場制限有)

 費用:無料

 内容:以下の8ブースを設置して、みなさまをお迎えします。

 

(1)手づくりMOMAS※「わたしがつくる MOMAS Kita-Urawa」

 「わたしをひらく MOMAS Kita-Urawa」ロゴマークに自由に色を塗ったり紙を張り付けたりして自分だけのロゴマークをつくります。

 ※「MOMAS」は埼玉県立近代美術館(The Museum of Modern Art, Saitama)の略称

(2)MOMASの誕生日ケーキをつくろう

 県立近代美術館のロゴマークを模した立体物に身近な素材や簡易な画材で飾りつけをして、35周年を記念するケーキに見立てたオブジェをみなさまでつくります。

(3)MOMASグッズアイデア募集

 当館の収蔵品を題材に、自由に「MOMASグッズ」を考えます。

(4)NOMINOICHI(のみのいち)

 過去の企画展招待券やポスターなど、35年間の掘り出し物を記念品として差し上げます。各ブースで配布する「NOMINOICHI引換券」の枚数に応じた記念品と交換します。

(5)学芸員ブース

 当館の学芸員が、みなさまの疑問にお答えします。また、業務に支障のない範囲で館内を御案内します。

(6)「fam.s(ファムス)」(友の会)ブース

 県立近代美術館フレンド 「fam.s」の新規会員の受け付けや資料の展示などをします。

(7)開館35周年メッセージブース

 開館35周年メッセージを受け付けます。みなさまからいただいたメッセージは、館内に掲示します。

(8)記念撮影エリア

 当館の象徴ともいえるモネの「ジヴェルニーの積みわら、夕日」の大バナーを設置し、自由に記念撮影を行うことができるようにします。 

2 11月3日(金・祝)~12月10日(日曜日)「MOMAS ポスターデザイン展」

 会期:11月3日(金・祝)~12月10日(日曜日) ※休館日:月曜日

 開館時間:10時00分~17時30分

 場所:3階廊下等

 内容:35年、160点を超える展覧会ポスターの中から、選りすぐった秀逸なものを展示します。

 費用:無料 

3 11月5日(日曜日)「いつでもガイド」

 時間:11時00分~

 場所:1階 MOMASコレクション展示室

 内容:美術館サポーターによる「MOMASコレクション」の作品解説ガイドを拡大して、複数回のガイドツアーを実施します。

 対象:どなたでも

 費用:無料(「彩の国教育週間」のためMOMASコレクション観覧料は無料)

4 11月26日(日曜日)「サンデートーク・スペシャル」

 時間:11時00分~

 場所:1階 MOMASコレクション展示室ほか

 内容:学芸員による展示解説の拡大版。展示室の外の作品も解説します。

 対象:どなたでも

 費用:MOMASコレクション展示室内はMOMASコレクション観覧料が必要です(一般200円、大高生100円)。

5 現在開催中

(1)開館35周年記念展「ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに」

 会期:10月21日(土曜日)~12月10日(日曜日) ※休館日:月曜日

 開館時間:10時00分~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

 場所:2階展示室

 内容:メキシコを代表するディエゴ・リベラの作品をはじめ、関わりのあった日本人作家の作品も紹介しています。

 費用:観覧料(一般1,200円、大高生960円)

 

(2)「ベストデザインの椅子グランプリ」 決勝

 投票期間:10月1日(日曜日)~11月12日(日曜日)

 展示場所:1階エントランス

 内容:予選を通過した8脚と敗者復活を遂げた1脚、計9脚の中から、来館したみなさまの投票でグランプリを決定します。

 費用:無料

 結果発表:11月14日(火・県民の日)

 展示:11月14日(火・県民の日)~12月10日(日曜日)

 

(3)「MOMASコレクション第3期」(新規購入作品『瑛九の「手」』を公開)

 会期:10月7日(土曜日)~12月24日(日曜日) ※休館日:月曜日

 開館時間:10時00分~17時30分(展示室への入場は17時00分まで)

 場所:1階展示室

 内容:「セレクション:ピサロとか岸田劉生とか」「描かれたこどもの世界」「明治・大正の日本画―江森天寿を中心に」「近代浦和・文化の景色」の4つのテーマで収蔵品を展示しています。

 また、今年度の新規購入作品である瑛九《手》を展示しています。

 費用:観覧料(一般200円、大高生100円)

 

【参考情報】

 県立近代美術館ホームページ:http://www.pref.spec.ed.jp/momas/

 公式Twitter:https://twitter.com/momas_kouhou

 公式Facebook:https://www.facebook.com/momaspr

 公式YouTube:https://www.youtube.com/user/momasjp

 

県政ニュースのトップに戻る