Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年10月 > 北関東3県×埼玉 初の共催 「農業」に新風吹き込む6社がプレゼン 11月29日午後、大宮で「埼玉ベンチャーピッチ」

ここから本文です。

 

発表日:2017年10月24日14時

県政ニュース

北関東3県×埼玉 初の共催 「農業」に新風吹き込む6社がプレゼン 11月29日午後、大宮で「埼玉ベンチャーピッチ」

部局名:産業労働部
課所名:産業支援課
担当名:創業支援担当
担当者名:尾崎、大藏、堀越

内線電話番号:3908
直通電話番号:048-830-3908
Email:a3770-03@pref.saitama.lg.jp

 ベンチャー企業が、大企業や金融機関など新たなビジネスパートナーや支援者と出会うことにより、新たな取引や提携を生み出し、新商品や新しいサービスを創出することを目指す「埼玉ベンチャーピッチ」。

 第19回目となる今回は、特別版として、初めて北関東3県(茨城県・栃木県・群馬県)との共催で、11月29日(水曜日)午後に大宮ソニックシティで開催します。

 各県で活躍するベンチャー企業6社が大宮に集結し、自社のビジネスプランや夢を、企業や金融機関、支援機関等に向けて公開プレゼンテーションします。

 多くの皆様の御来場をお待ちしております。

「埼玉ベンチャーピッチ(第19回特別版)」の特徴

1 埼玉と北関東3県の企業によるプレゼンテーション

 新しい技術や情熱で「農業」に新風を吹き込む、意欲的なベンチャー企業6社が登壇します(県内3社、県外3社)。

2 双方向のプレゼンテーション

 各社プレゼン5分、質疑応答10分で双方向コミュニケーションを実現します。

3 プレゼン終了後には交流会を開催

 登壇企業や金融機関、支援機関等が幅広く参加する交流会(参加費500円)。新たな連携を創出し、県内外のネットワーク構築につなげます。 

「埼玉ベンチャーピッチ(第19回特別版)」の概要

1 日時 

 平成29年11月29日(水曜日) 14時30分~18時00分

2 会場 

 (公財)埼玉県産業振興公社研修室

 さいたま市大宮区桜木町1-7-5大宮ソニックシティビル10階

3 テーマ 

 「農業」に新風を吹き込む企業特集

4 登壇企業

企業名

各企業からの事業紹介

株式会社ビジョンテック

(茨城県つくば市)

宇宙利用を目指すつくば市のベンチャー企業。

人工衛星やドローンを利用し、農林水産業で求められる軽労化や効率化に資する時空間情報の抽出・提供サービス「アグリルック®」を開発。内閣府ホームページのグッドプラクティスに採用・掲載中。

株式会社ぶらんこ

(栃木県宇都宮市)

農業×ITの分野でIoT製品の開発・販売を行っているベンチャー企業。

水田の水位や、ハウス内の環境をスマートフォンからモニタリングできる「farmo」を中心に事業を展開中。

株式会社アグリみらい21

(群馬県太田市)

群馬県産のオリーブオイル作りを目標に、オリーブの栽培を始めて12年。

平成24年に農林水産省の6次化の認定を受け、農薬不使用栽培で安全・安心のオリーブオイル及び関連商品を提供中。

株式会社幸陽農舎

(埼玉県草加市)

低価格業務用マイクロナノバブル発生システム「大豊作ジェット」の製造・販売・レンタル。

植物の成長促進・強健化などに効果のあるとされているマイクロバブルの力で農業の活性化を目指す。

さいたま榎本農園

(埼玉県さいたま市)

さいたま市の農家。ビニールハウスでトマトを特殊な農法で常時20種類ほど栽培している。

野菜生産以外にも、飲食、農産物加工、子供向け体験、イベント企画運営など多岐にわたる事業展開をしている。

TATA GREEN株式会社

(埼玉県熊谷市)

熊谷市でサツマイモの生産、加工、販売を行う生産法人。

農業未経験から5年で国の6次産業化認定事業者にもなり、次世代の農家モデルに挑戦している。農業のカッコいいを実現し、生産者を増やすことを理念とする。主な商品は、生芋、焼き芋、干し芋、ジャム、ペースト、チーズケーキ等。

5 参加費 

 無料(交流会参加者は500円) 

6 来場申込方法

 事前に以下のサイトから申し込んでください。

 申込みサイト: https://saitama-venture-pitch.eventcreate.net/event/1961 

7 その他

(1) 主催団体等

 (主催)埼玉県、公益財団法人埼玉県産業振興公社、さいたま市、公益財団法人さいたま市産業創造財団、有限責任監査法人トーマツさいたま事務所、トーマツベンチャーサポート株式会社

 (共催)茨城県、栃木県、群馬県

 (後援)関東経済産業局

 (協賛)株式会社協同商事 コエドブルワリー

 (オフィシャルサポーター)株式会社埼玉りそな銀行、株式会社武蔵野銀行、埼玉縣信用金庫、川口信用金庫、青木信用金庫、飯能信用金庫、株式会社日本政策金融公庫、一般社団法人埼玉ニュービジネス協議会、特定非営利活動法人さいたま起業家協議会、むさし証券株式会社、水戸証券株式会社、内藤証券株式会社、公益財団法人本庄早稲田国際リサーチパーク、株式会社埼玉新聞社、株式会社日刊工業新聞社、株式会社エフエムナックファイブ、株式会社テレビ埼玉

(2) ホームページ等

 ・ホームページ  http://www.pref.saitama.lg.jp/venture/index.html

 ・フェイスブック  https://www.facebook.com/saitama.venture.pitch 

(3) 今後の開催予定  次回は平成30年1月以降開催予定

 開催予定テーマ  自治体向け、ものづくり、地方創生など

 登壇企業については、主催6者で協議して決定しています。埼玉ベンチャーピッチ登壇に興味がある企業の方は、創業・ベンチャー支援センター埼玉(公益財団法人埼玉県産業振興公社)または、公益財団法人さいたま市産業創造財団へ御相談ください。 

 ○創業・ベンチャー支援センター埼玉(公益財団法人埼玉県産業振興公社)

 http://www.saitama-j.or.jp/sogyo/

 電話 048-711-2222

 ○公益財団法人さいたま市産業創造財団

 http://www.sozo-saitama.or.jp/

 電話:048-851-6652

(4) ロゴマーク  

 ベンチャー企業、金融機関、支援団体、行政などがともに支えあい、連携しながら成長していくイメージです。

 赤とオレンジは、早朝のイベントであることから朝焼けをイメージしています。(※通常版は、朝7時30分から開催)

 1024-0701

県政ニュースのトップに戻る