Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年10月 > 県立常盤高校 地域の皆様との異世代交流会を行います

ここから本文です。

 

発表日:2017年10月23日14時

県政ニュース

県立常盤高校 地域の皆様との異世代交流会を行います

部局名:教育局
課所名:常盤高校
担当名:主幹教諭
担当者名:髙木

直通電話番号:048-852-5711
Email:p525711@pref.saitama.lg.jp

 県立常盤高校(校長:島村 圭一)では、平成29年10月26日(木曜日)に看護科2年生(82名)と地域の皆様との交流会を行います。

 看護科2年生は、これから病院での実習を行い、実際に患者と接する中で、看護師の役割を学んでいきます。その準備段階として、地域の皆様との交流を通して、自分たちとは異なる世代への理解を深めるとともに、コミュニケーション能力を向上させることを目指しています。

 当日は、健康づくりのための体操を一緒に行ったり、「医療機関を利用して、医療者に望むこと」などについてお話を伺ったりします。 

1 日時 

 平成29年10月26日(木曜日)13時00分~14時30分

2 会場 

 県立常盤高校 別館

 (さいたま市桜区上大久保519-1)

 

※ 常盤高校は、昭和45年創立の県内唯一の看護師養成高校です。平成14年度からは看護科3年+看護専攻科2年の5年一貫教育課程となり、修了生は看護師国家試験の受験資格を得ることができます。本校の看護師国家試験合格率は高く、卒業生は県内の医療機関へ就職し、活躍しています。

県政ニュースのトップに戻る