Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年9月 > 「ルール守って明るく住(ス)マイル『違反建築なくそう運動』」の実施について ~一斉公開建築パトロールや建築に関する法令説明会を行います~

ここから本文です。

 

発表日:2017年9月14日14時

県政ニュース

「ルール守って明るく住(ス)マイル『違反建築なくそう運動』」の実施について ~一斉公開建築パトロールや建築に関する法令説明会を行います~

部局名:都市整備部
課所名:建築安全課
担当名:総務・監察担当
担当者名:熊木・井野

内線電話番号:5515
直通電話番号:048-830-5521
Email:a5510-04@pref.saitama.lg.jp

 10月15日(日曜日)から10月21日(土曜日)の期間は、「違反建築防止週間」です。

 県では、10月10日(火曜日)から10月20日(金曜日)の間、市町村及び一般社団法人埼玉建築士会と協力して、違反建築を未然に防止し、安全で良質な建築物の普及を図るため、「ルール守って明るく住ス マイル『違反建築なくそう運動』」を実施します。 

1 実施内容

(1)一斉公開建築パトロール

 各特定行政庁(※)と埼玉県建築安全センターが協賛団体と協力し、建築現場をパトロールします。

 実施日:平成29年10月10日(火曜日)~10月20日(金曜日)

 内容:建築中の工事現場を訪問し、違反の有無や工事監理の状況を調査します。また、現場に行った際に、工事監理者や設計者を通して建築主に、完了検査等の受検をお願いしています。

 ※特定行政庁:建築基準法に基づき、建築物の確認申請の審査や違反建築物の是正指導を行う権限を持つ市町をいいます。

(2)建築に関する法令説明会

 埼玉県建築安全センターは、各市町村、一般社団法人埼玉建築士会と合同で、協賛団体と協力し、建築に関する法令説明会を開催します。建築に関連する法令改正などの説明のほか、各会場ごとに地域性や話題性に富んだ講演を行います。

 参加費は無料、事前申込みは不要です。たくさんの方の参加をお待ちしています。

 日程及び会場は、次のとおりです。

 ・10月11日(水曜日) 14時00分~16時00分 上尾市文化センター(503講座室)

 ・10月12日(木曜日) 14時00分~16時00分 東松山市平野市民活動センター(視聴覚ホール)

 ・10月13日(金曜日) 14時00分~16時00分 和光市役所(5階 502会議室)

 ・10月13日(金曜日) 14時00分~16時00分 羽生市民プラザ(2階大会議室)

 ・10月16日(月曜日) 14時00分~16時00分 坂戸市立大家公民館(多目的ホール)

 ・10月17日(火曜日) 14時00分~16時30分 本庄市役所(6階大会議室)

 ・10月18日(水曜日) 14時00分~15時30分 ときわ会館(501会議室)

 ・10月18日(水曜日) 14時00分~16時30分 戸田市文化会館(304会議室)

 ・10月19日(木曜日) 14時00分~16時00分 熊谷市大里庁舎(2階第3会議室)

 ・10月20日(金曜日) 14時00分~16時30分 横瀬町民会館(大会議室)

 ・10月20日(金曜日) 14時00分~16時00分 杉戸町カルスタすぎと(多目的ホール) 

(3)建築相談会

 法令説明会の会場において、住宅の増改築等に関する建築相談会を実施します。また、昭和56年以前に建てられた木造住宅の簡易耐震診断も行います。

 なお、いずれも参加費は無料、事前申込みは不要です。

 ※簡易耐震診断を御希望される方は住宅の平面図を御持参ください。

 ※ときわ会館を除きます。

2 協賛団体

 一般社団法人埼玉県建設業協会、公益社団法人埼玉県宅地建物取引業協会、

 一般社団法人埼玉建築設計監理協会、一般社団法人埼玉県建築士事務所協会、

 一般財団法人埼玉県建築安全協会、埼玉土地家屋調査士会、

 一般社団法人埼玉県測量設計業協会、建設埼玉、埼玉県行政書士会、

 一般財団法人さいたま住宅検査センター、株式会社埼玉建築確認検査機構

詳しくは建築安全課HPをご覧ください。

 http://www.pref.saitama.lg.jp/a1106/ihankenchiku/ihannakusou29.html

 

県政ニュースのトップに戻る