Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年6月 > 「下總皖一音楽賞」候補者を募集します ― 埼玉県ゆかりのプロの音楽家を表彰 ―

ここから本文です。

 

発表日:2017年6月19日14時

県政ニュース

「下總皖一音楽賞」候補者を募集します ― 埼玉県ゆかりのプロの音楽家を表彰 ―

部局名:県民生活部
課所名:文化振興課
担当名:文化振興担当
担当者名:滝田・川村

内線電話番号:2887
直通電話番号:048-830-2887
Email:a2875-04@pref.saitama.lg.jp

 日本近代音楽の基礎を作ったといわれる下總皖一の精神を受け継ぐ音楽家を表彰する「下總皖一音楽賞」候補者の募集を6月20日(火曜日)から開始いたします。

 「下總皖一音楽賞」は、「音楽文化発信部門」と「音楽文化貢献部門」の2部門からなります。「音楽文化発信部門」は、国内外で幅広く活躍されていて今後更なる活躍が期待できる方が対象です。「音楽文化貢献部門」は、長年にわたり本県の音楽文化向上に貢献された方が対象です。

 本県ゆかりの素晴らしい音楽家の御推薦をお待ちしています。

 「下總皖一音楽賞」の概要

1  募集対象

 音楽文化の向上に貢献している本県にゆかりのあるクラシックを中心としたプロの音楽家

(1)作曲家

(2)音楽理論家・音楽評論家

(3)音楽教育家

(4)演奏家(邦楽を含む)

(5)上記以外の分野で、優れた活動を行っている方

 ※「本県ゆかり」とは、出身、在住(歴)、在学(歴)、在勤(歴)などです。

2  募集部門 

(1)音楽文化発信部門

 国内外で幅広く活躍され、今後、更なる活躍が期待できる方

(2)音楽文化貢献部門

 長年にわたり、本県の音楽文化の向上に貢献されている方

3  応募方法

 個人又は団体からの推薦によります。自薦は不可とします。

 所定の推薦書等を郵送、E-mail又は直接提出してください。

 募集案内及び推薦書等は、埼玉県ホームページからダウンロードできます。

 【HPアドレス】http://www.pref.saitama.lg.jp/a0305/ongakusyou/

4  応募先

 埼玉県県民生活部文化振興課【下總晥一音楽賞担当】

 〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-15-1

 電話 048-830-2887

 E-mail a2875-04@pref.saitama.lg.jp

5 応募締切

 平成29年9月30日(土曜日)(消印有効)

6 選考

 下總皖一音楽賞選考委員会の審査を経て、知事が決定します。

7 表彰

 平成30年1月又は2月に表彰式を行う予定です。

 受賞者には、賞状と記念品を贈呈します。

[参考情報]

 昨年度の受賞者

【音楽文化発信部門】

 安齋 省吾氏(雅楽奏者、越谷市在住)

 昭和35年、宮内庁式部職楽部楽生として入り、昭和44年に楽師として任官、国指定の重要無形文化財保持者となる。平成21年から主席楽長を務める。平成24年、エディンバラ国際フェスティバルに出演し、大成功を収める。平成25年に退官。その後も、全国の神社や民間の雅楽演奏団体の指導や「十二音会」等での雅楽演奏など精力的に活動を行う。独立行政法人日本芸術文化振興会公演専門委員会雅楽・声明公演専門委員会委員。

【音楽文化貢献部門】

 和田 タカ子氏(音楽プロデューサー、和光市在住)

 特定非営利活動法人オペラ彩理事長。33年間の長きにわたって活動を続け、同団体を全国屈指のオペラ団体に成長させる。平成14年から和光市民文化センターを拠点にグローバルな活動を開始、「トゥーランドット」「ナブッコ」が国内の大きな賞を連続受賞して注目を集める。「マリア・ストゥアルダ」で平成24年度三菱UFJ信託音楽賞を受賞。社会貢献活動の一環としてオペラ「泣いた赤鬼」の移動公演を行い、県内外で80回以上を上演。(公財)和光市文化振興公社運営委員。

 

 下總皖一の功績

 加須市出身の偉人。

 全国に知られた「たなばたさま」「花火」「野菊」などの童謡・唱歌をはじめ、 日本各地の校歌、また合唱曲、器楽曲、協奏曲、邦楽曲など多岐にわたる作曲を行い、その数は2,000とも3,000ともいわれている。

 『和声学』『作曲法』などの著作で音楽理論を確立、東京藝術大学で音楽学部長を務め数多くの俊英を育てるなど、「作曲家」「音楽理論家」「音楽教育家」として日本近代音楽の基礎を作った。

 

県政ニュースのトップに戻る