Myナビ 彩の国 開く

Myナビ 彩の国

総合トップ

県民向けトップ

事業者向けトップ

テーマ・目的別メニュー

  • 彩の国の安心・安全 危機管理・防災
  • 観光・魅力
  • 健康
  • 知事ブログ
  • マスコット

ドラッグ&ドロップで順番の並び変えが可能です

総合トップ > 県政情報・統計 > 県政資料・県報 > 県政ニュース(報道発表資料) > 2017年度 > 2017年4月 > 若年性認知症支援コーディネーターを配置します~若年性認知症の人や関係者のための相談窓口の開設~

ここから本文です。

 

発表日:2017年4月27日14時

県政ニュース

若年性認知症支援コーディネーターを配置します~若年性認知症の人や関係者のための相談窓口の開設~

部局名:福祉部
課所名:地域包括ケア課
担当名:認知症・虐待防止担当
担当者名:本橋・新井

内線電話番号:3251
直通電話番号:048-830-3251
Email:a3250-05@pref.saitama.lg.jp

 県では、若年性認知症の人の就労支援や家族、勤務先等の関係者へ支援活動を行う「若年性認知症支援コーディネーター」を、平成29年5月1日に配置します。

 認知症は高齢者の病気と思われがちですが、仕事や子育てをしている、いわゆる「現役世代」と呼ばれる人々にも発症することがあります(厚生労働省の推計によると、若年性認知症の平均発症年齢は、およそ51歳)。

 いわゆる「現役世代」であるため、本人の就労継続に関する問題や生活費・子供の教育費等の経済的な問題が生じる上、配偶者にとっては子育てや親の介護と重なることで、負担が大きくなる傾向にあります。

 そのため、若年性認知症の人への就労・社会参加支援等や居場所づくりなどの様々な分野にわたる支援を総合的に講じていくことが必要です。

 「若年性認知症支援コーディネーター」は総合的な支援の窓口として、関係機関と連携しながら下記の業務を行っていきます。

 

 *「若年性認知症」は、18歳以上65歳未満で認知症を発症した場合をいいます。

 

 

1 配置場所

公益社団法人 認知症の人と家族の会 埼玉県支部

(さいたま市北区櫛引町2-271-1)

 

2 配置人数

1名

 

3 相談窓口開設日

月、水、木、金曜日(祝日、年末年始を除く。)

電話 048-667-5553

ファックス 048-667-5953

 * 月~金 午前10時から午後3時まで(祝日、年末年始を除く。)

 * 電話番号は、県が同支部に委託する「認知症介護の電話相談」と同じになります。

4 コーディネーターの役割

 ・相談対応(本人や御家族だけでなく勤務先の方からの御相談にも応じます。ただし、初回の電話相談は看護師、ケアマネジャー等の専門職による対応となる場合があります。)

 ・若年性認知症の人の就労支援

 ・若年性認知症の人やその家族のつどいの開催

 ・市町村や関係機関との連携体制の構築

 ・若年性認知症の知識の普及啓発 等

県政ニュースのトップに戻る